人は初めから弱い 

こんにちは。
七月も終わりますね。

芙蓉の葉がいっぱいに広がって、
今私がいるリビング、明るい緑の木陰の中にいる感じです。

昨日は、
湊晶子先生「聖書を読む会」(@広島女学院大学)に行ってきました。

私は、湊先生のファンです。
ずっと以前、先生が母校の大学同窓会にいらした時に、
こんな素敵な女性がいらっしゃるのだなあって、すっかりファンになりました。

先生に魅了されるのは、どの方も同じとみえて、何と、追っかけ?の方もあるらしいです。
わかります、その気持ち。
人の魅力って本当にあるんですね。
1932年生まれだそうですから、今はたぶん85歳。
朗らかで、温かいエネルギーの溢れる、とっても素敵な女性です。

というわけで、私はクリスチャンではありませんが、
今回、公開の会と知って、喜んで出かけました。

副題は、「聖書は「生きる希望」について、何と語っているでしょう」
第2回の昨日、お話の中心は、
「失楽園」。
旧約聖書、アダムとイヴがエデンの園を追われるところ。
「創世記」です。

神は人を、神と対話の出来る‘人格’として作られた、というお話など。
主体、とかに関心のある私にとって、興味深いお話でした。

蛇にそそのかされ、禁断の果実を食べてしまう二人。
神に糺されて、責任転嫁しながら答える二人。
人の弱さの歴史は長いですね~。
だって創世記の初めからですもの。

お話の中で、一番印象に残ったのは、雑談部分でした。
(雑談が印象に残るあたり、私も学生さんたちと同じです。)
湊先生が一番好きなところとしてご紹介下さった聖書の一節です。

「わたしの目にあなたは価高く、貴く、わたしはあなたを愛する。」(イザヤ書四三章四節)

ここは、神が、エデンの園を追われた二人に呼びかけ続けていたことを示している部分だそうです。

いろいろなお仕事をなさってこられた湊先生、
自分がどうしてこんなにダメなのだろうとうちひしがれるようなことがある度、
神さまだけは、分かって下さっているって、
この言葉が支えになってきたのだそうです。

ええっ。
湊先生のような方でも、自分のダメさに哀しくなるようなことがあるのでしょうか。
実在の先生を前にすると、先生のダメさなんて無い気がするのですけれど。
(こうして書いてみると、なんと子どもっぽい感想でしょう。)
こんなに朗らかな先生が、数々の試練や嘆きを克服してこられたのだということにも、ただ驚いてしまいます。

今日も、90分間、板書なさりながらの充実のご講義。

日野原先生の105歳まで、私はまだあと30年。
頑張りますよ-。

そうだそうだ。
私も頑張りましょう。
私が直面する問題は、きっと私に合わせた大きさ(小ささ)だし。

影響されやすい私です。

でも、神さまに評価していただけるには、やはりそれなりには頑張ってないと・・・。
ううむ。

居心地の良い広島女学院大学のキャンパス。
久々に、母校の同窓の先輩方にもお目にかかり、
すっかり元気をいただいて、帰路につきました。


駐車位置叱られている夏祭     ここ





[2017/07/30 14:57] 日記 | トラックバック(-) | CM(4)

湊先生!お懐かしいお名前です。

 もう何十年も前に、湊先生の書かれた本を幾つか読みました。
いやはや、85歳になられるんですねぇ!
しかも、公開講座をされるほど、お元気で!
記憶の中の先生は、50歳位の理知的な美しい女性のままですが・・・。

 偶然、湊先生の近況を知ることが出来、嬉しい限りです。
ありがとうございました。


[2017/08/03 17:35] あやこ3 [ 編集 ]

あやこ3さん、こんにちは。

お元気でいらっしゃいますか。
この頃、あやこ3さんのことが、何度も思い出されておりました。

そして湊先生をご存じでいらしたなんて、すごく嬉しいです。
さすがですね~。
お若い頃の先生、きっと素敵でいらしたことでしょう。
今回の講座の内容は、きっとあやこ3さんには、ご存じのことばかりかもしれませんが、テキストは本になっています。
『聖書は何と語っているでしょう 「生きること」「死ぬこと」そうして「永遠に生きること」』(ヨベル新書 2017.7)
講座は広島女学院大学で全5回。次は10/14、11/25、2/24です。
よろしければ、ご旅行がてらにいかがでしょう。

大暑の候、どうぞお気をつけてお過ごし下さいますよう。
[2017/08/04 12:28] ここ [ 編集 ]

頑張らなくても良いんですよ!

 こんにちは!
 ところで、文中の「神様に評価していただけるには、やはりそれなりに頑張ってないと」って、ところですが人間の価値は「存在」していることが、すでに大きな価値をもっているので、頑張っていようが頑張ってなかろうが、全く関係ないです。
本当にありのまま、そのままでOKです!
(同じ理屈で老人、病人、障がい者の方達も、もちろん!そのままありのままで、高価で貴いです)
たぶん、いえ絶対、湊先生も同じ事を言われると思います。

 ・・・・講座のお誘い、ありがとうございます(^-^)
しかし・・・しかし広島は遠い!ですなぁ・・・。


[2017/08/05 14:34] あやこ3 [ 編集 ]

あやこ3さん
ありがとうございます!
がんばらなくても大丈夫ですね(^^)
あやこ3さんのお仕事、こういった確かなお考えの上に支えられているのだと思いました。

先日、この会のご縁で、湊先生のご著書「女性を生きる」(角川Oneテーマ21 2010)をいただきました。理想高く、且つ実際的な内容の御本で、先生のお姿とそのまま重なりました。

お忙しく、ご活躍のことと思います。
残暑も厳しいようです。
どうぞお気をつけてお過ごし下さいませ。
ありがとうございました。
[2017/08/09 10:39] ここ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する