薫風自南来(薫風南より来たる) 

こんばんは。
カエルの声が聞こえ始めました。
楽しいです。

今日はお茶のお稽古に行ってまいりました。
お茶のお稽古なんて、学生時代以来のことです。

先生はなんと、電車の中で隣り合わせた見知らぬ方です。
一年以上前ですが、なんとなく言葉を交わし、その後も偶然に何度も出会うという不思議なご縁。
その方の元でお稽古を始めることにしたのです。
流派は表千家で、私が若くに習い覚えたものとは違っていますが、
この不思議なご縁の前には、そんなことは小さなことだという気がいたします。

四月、春の炉には、釣り釜がかけられて、よい音を立てています。
明るい雰囲気で、楽しくお話ししながらのお稽古風景。
表千家のやり方でなくてもいいんですよ、とおっしゃっていただきましたが、
せっかくですので一から覚えようと決めました。

まずは割稽古です。
お袱紗のたたみ方を教えていただきます。
お薄点前の半分くらいまで教えていただいたところで、
早速、点ててみましょうよ、ということに。

さあ大変。
まず、お茶碗の持ち方ができません。
手の位置や形が違うのです。
私が知っている、肘をあげて構えて持つのではなく、柔らかく手を添える感じです。
柄杓の角度やら、水差しの蓋の扱いまで、私の身につけてきたこととは全部違っているのです。

ただ、同じ茶道ですので、流派が違っても、概ねの順序は同じです。
昔覚えたことは身体に染みついているらしくて、
すっかり忘れてしまったと思っているのに、
お湯を捨てると自然にお茶巾に手が伸びる自分に驚きます。

こうしてみると、茶道の学びが、所作の学びだということが、よく分かります。
残念ながら、順序を覚えていることは、それほど重要ではないのです。

一つ一つの所作の中に、それを良しとする価値意識があって、
その所作が身についてくると、言葉ではなく、その人の生活の動作全体の中に、その価値意識が表れることになるのです。

私たちは普通、それぞれの所作が、その人自身のあり方に繋がっていると考えています。
そういえば、最近読んだ村田沙耶香『コンビニ人間』には、
人の仕草や口調を真似ることによってしか動けない主人公が描かれていました。

この先お稽古を頑張って、表千家の所作を身につけた時の私は、どうなっているのでしょう。
以前に覚えていた所作はすっかり忘れてしまうのかしらん。
それともどちらも出来るようになるのでしょうか。
その時の私の所作は、私のあり方にどういう形で繋がっているのでしょう。

少し楽しみで、少しドキドキの実験です。

まあ、今のところの私は、ふすまも開けられなければ、歩くこともままなりませんけれど。


表題「薫風自南来」は、本日のお軸よりいただきました。






[2017/04/27 01:44] 日記 | トラックバック(-) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する