「私を変えた一冊」ありますか? ( 読書会 いたします ) 

こんにちは。
2,3日前、お散歩経路に、剪定後の桃の枝がうち捨ててあるのを見つけました。
つぼみがたくさんついているのに。どうして今?
あと一息できれいな花を咲かせられるところを。
心が痛みました。

で、昨日お散歩途中に、いただいてきちゃいました。
桃のお節句は、旧暦ならちょうどこの頃ですね。
今、家中が、桃の枝でいっぱいです。


先々週のことでしたか、
俳句仲間の先輩とお電話でお話していたときに、
ふと「読書会やりたいなあ」って言ったら、
「やりたい、やりたい」って、
何と行動がお早い!
すぐに6人集めてくださいました。

よく存じ上げている俳句のお仲間です。
私、俳句の方はサボってばかりですので、嬉しいやら恥ずかしいやらでございます。

というわけで、早くも来月、読書会をすることになりました。
イメージは、大学の授業でやっているような読書会です。
単位も、学位も差し上げられませんけれど。
よろしければ、どうぞご参加下さい。

というわけで、早速、ご案内文。

全4回の第1回目は、自己紹介を兼ねたブックトークです。
テーマは、定番の「私を変えた一冊」にいたしました。

「私を変えた一冊」 ありますか?





読書会 へようこそ

2017/03/12

こんにちは。
俳句をサボってばかりのここです。ご無沙汰申し上げております。
読書会にご参加下さるとのこと、ありがとうございます。とても嬉しく存じます。

毎月1回、全4回の予定です。ご一緒に楽しいひとときが持てればと存じます。
どうぞよろしくお願いいたします。

日程や場所など、決まりましたら、改めて詳細をお知らせ申し上げます。


      <全4回 概要>

  第1回 ブックトーク「私を変えた一冊」
  第2回 課題図書(1) 自由ディスカッション
  第3回 課題図書(2) 自由ディスカッション
  第4回 まとめ ブックレット作成


    <第1回 ご準備いただきたいこと>
  第1回は「私を変えた一冊」という共通テーマでブックトークを行います。
(テーマの「変えた」は、大げさなものばかりでなく、ささやかな変化で結構です。)
以下のものをご準備ください。

  ①テーマに沿った内容の本を1冊決めて、ご持参下さい。
  ②テーマに沿ったトーク(5分程度)を以下の内容でご準備下さい。
    (1)本の題、著者、出版社、出版年
    (2)本の概要(あらすじなど内容の紹介 )
    (3)特に紹介したい部分の抜き出し(1~3行程度)
    (4)テーマに関わること(この本が私をどう変えたのか)
  ③トークの内容を簡単に記したレジュメ
    ・A4用紙1枚に(横書き または横置き縦書き)。
    ・上の(1)~(4)の順に。冒頭にお名前をお忘れなく。
    ・字数、行数などは自由です。ワープロでも手書きでもかまいません。
    ・人数分コピー(ご自分用を入れて7枚)

お気軽に楽しめる範囲でご準備下さい。
みなさまとのひとときをとても楽しみにしています。



[2017/03/23 11:17] 風の中の教室 | トラックバック(-) | CM(2)

素敵!

ここ様、素敵なお題に誘われて思わずコメントいたしますね。
私の「私を変えた一冊」はなんと言っても漱石の『三四郎』です。ちょうど中学生の三年生で私は心理学に夢中でフロイトなどを読むマセタ男の子でした。でも『三四郎』を読み文学のほうがよほど人の心理に深く理解し社会に問いかけていると感動したのでした。
ここ様お仲間の読書会がどんなに素敵なものになるのか夢に見るようです。是非このブログでお教えください。

失礼しました。

[2017/03/26 20:53] 杣人のNuages 杣人 [ 編集 ]

杣人さん、こんばんは!
読書家の杣人さんからここにコメントいただいて、嬉し恥ずかしでございます。
『三四郎』、なるほどです!今読んでもその心理はかなりリアルですよね。(中3というのは、やや驚きますが。)
悩みながらも真面目な三四郎、いいなあって思います。
などと言えるのは今の私で、実は若いころの私は、三四郎っていけ好かないなあぐらいしか感想を持てませんでした。
杣人さんのような方との読書会が持てたら、さぞ楽しいことと想像して、一人喜んでおります。
[2017/03/28 00:32] ここ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する