スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

直感に従う(3) 

こんばんは。
この頃はいかがお過ごしでいらっしゃいますか。

今日は、お野菜市場にミモザが出ていました。
あの黄色!
花の色に吸い寄せられる虫たちの気持ちが分かるような気がいたします。

私の治療の備忘録について、もっと具体的に書いておいたら、どなたかの参考にもなるよというご意見をいただきました。
なるほどそうかもしれません。
私も 他の方の体験談にずいぶん励まされましたから。

それで、もう少し具体的に書くことにいたしました。
よろしければ、おつきあい下さいませ。

************

暮れに、お電話して、診ていただいたのは、心療内科の先生でした。
先生は私に、「抗がん剤をしないほうがいい」とおっしゃって下さったのでした。

糖質制限と混合ビタミン点滴が、先生の治療方針でした。
鬱病や統合失調症が栄養で治ることのご経験から、がんなどの病気も栄養治療で治ることを発見されたばかりなのだそうでした。
私も糖質制限をすることになりました。
本を読んで下さいと言われました。
以下は勧められた4冊の本です。
 古川健司『ケトン食ががんを消す』(光文社新書)
 荒木裕『ガンを自宅の食事で治す法』(三笠書房)
 小林びんせい『がんになったら何を食べたらいいの?』
 野中秀訓『がんになって、止めたこと、やったこと』

あっというまに4冊読み終えました。
まずは古川先生の本で、ノートを取りながら勉強しました。
並行して、自分が食べているものを記録し、日々どのくらい糖質を取っているのか、確かめることにとりくみしました。
私が目指す日に40グラムの糖質摂取に抑えるには、野菜の糖質さえ計算しながら食事を取らなければなりません。
それでも、明らかながん治療のためのスーパー糖質制限 20g/日 よりはずいぶん楽です。
私の場合は、手術直後の見えないがんとの戦いでした。
私白いご飯が大好きですが、すっぱり諦めました。

1月4日。
宮島での皆さんの励ましのおかげで、すっかり元気になった私は、
その勢いで、本で読んだ小林びんせい先生の連絡先(東京)にお電話しました。
ご著書から、とても信頼できる気がしていたからです。
またまた今までの私にはないびっくり行動力です。

ご指示通りに、相談書を送ると、直ぐにお返事が来ました。
・抗がん剤治療を待って下さるように、主治医の先生に言うこと、
・広島から比較的近くて行きやすい病院を2軒紹介しますから、電話してみるように。

どちらの病院にするかは、電話の対応が自分に合うかどうかで決めるといいですよ。

それは、ちょっと聞くといいかげんなようで、実はとてもよいアドバイスでした。
大事なことを決める時って、そういう風な、自分の‘感じ’って、とても大切なのだと思います。

延期していただいた主治医の先生との次の面談日は20日でした。
どうしてもそれまでに、自分で納得できる治療方針を決めなければなりません。
結局、自分で決めなければならないのです。
私は早速お電話をし、13日に鳥取の病院を訪ねることになりました。

13日はよいお天気で、した。
新幹線で赤穂へ、そして智頭線に乗って、鳥取に向かいました。
大旅行です。
県境あたりから、突然、雪景色になりました。

予定を空けて診て下さることになった鳥取の病院の先生は、お若い先生でした。
先生はこれまでのことをいろいろ尋ねてくださいました。
私は主治医の先生や看護婦さんに言われたことなどいろいろお話しました。

執刀主治医の先生は、穏やかで明るい素敵な女性の先生。
手術後に、先生から言われた治療方針は、抗がん剤6クール。
その治療方針は、先生が広げて見せて下さった、Yes・Noでたどってすすんでいく占いのようなもので、たどりついたところに書かれいました。
先生のおっしゃるガイドラインです。
私の仕事や生活、家族のことなど、主治医の先生とはまだ何もお話していません。
今ここにいる私も、次に来るだれかも、このYes/No占いの少ないパターンによって分けられる、占い結果で治療が決まるのでしょうか。
私には、この占いが私にもあてはまるとおっしゃる理由がよくわかりませんでした。
ガイドラインは市販されているから購入してよく読んで下さいと言われ、帰りに紀伊國屋で購入しました。
結局、いまだに一度も開いていません。

鳥取のお若い先生は、いろいろと丁寧に説明して下さいました。
私はやはり抗がん剤治療を受けた方がいい状況であるということでした。
手術後にも、ガンは、血流やリンパに乗って体内を回っているとのこと。
それをたたくには、保険のきく範囲では、抗がん剤が効果的lだと言われました。

やっぱり結論は抗がん剤なのでした。
でもまあ、おかげでようやく納得することが出来ました。
よしとしようと思いました。
何だかやるせない気分でした。

せっかくここまで来ましたから、お土産がわりに、プロテオという新しい検査をしてみることにしました。
それは、ごく微量のガンも見つけ出す検査で、最近出来たばかりだということでした。
16日(月)に結果を知らせて下さるとのことでした。

それにしても、我ながら感心いたします。
よくもまあ、ある意味東京より遠い鳥取まで、それも雪の中をついて。

帰りは松江まわりで広島に戻ることにしていました。
雪の中を走る山陰本線。
車窓からずっと海岸線が見えていて、よい旅行だったと思いました。


20日の面談まで、あと1週間。

***********

長い間おつきあい下さったのに、やっぱりそれほど具体的になりませんでした。
やれやれです。
申し訳ありません。



入院の時に作った歌二首

繭玉のごと一人ずつカーテンの薄桃色に抱かれて眠る
自然治癒の書に9つの物語魔法と謎と9人の勝者         ここ




[2017/03/08 23:12] 健康 | トラックバック(-) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。