ずっと一緒 

おはようございます。
雨上がりの、湿り気の多い緑の朝です。
今年もリビングから見える合歓の木に、ほんのり赤く、花が咲き始めました。

キトリが逝きました。
一昨日のお昼間のことでした。

それから一日、いつものお部屋で、キトリは眠っていました。
物音がすると目を開けてちらりとこちらを見る、あのいつもの顔です。
ずっと姿勢が変わらないから、ちょっとおかしいなと思いましたが、起きたらお散歩に行くかもしれないなと思いました。
あえぐ様子もなくて、案外元気そうです。
でも朝から外は大雨で、お散歩は行けそうもありませんでした。

お昼になって、不思議に雨が上がりました。
キトリは晴れ犬なのでした。

娘も帰ってきてくれて、みんなで頑張って、最後のお別れをいたしました。
それぞれに、3月に倒れて以来のキトリのがんばりを言いました。
あれから家族で過ごした3ヶ月は、キトリからの最高の贈りものでした。

いつでもご機嫌のキトリちゃん。
苦しかったかもしれないのに、最後までずっとニコニコしていました。
ありがとう、キトちゃん。

ごはん用のお鍋とか、お風呂のお水場とか、もう要らないんだなあと思います。
玄関の扉を開ける時、この向こうにキトリはいないのだと、一旦心に思ってから開けました。

今朝は、いつものお散歩道を、パパと二人でお散歩しました。
たぶん、キトリも来ていたと思います。

キトリは、これからもこの家で、一緒に暮らすのだなと思いました。
一人になるパパのことが、少し心配でしたけれど、きっと大丈夫です。
キトリ、パパのこと、よろしくね。

キトちゃん、またママといっぱい遊ぼうね。
ね、キトちゃん。

そうだ、夜になったら、蛍を見に行こう。



 合歓の花レースのカーテンを揺らして            ここ







[2016/06/20 07:22] 家族 | トラックバック(-) | CM(2)

こんばんは。

遅くなりましたが、昨夜から何度もここを訪れて、
なんとコメントしようかと迷っておりました。

キトリちゃん・・・

まだ姿を見たことがないのに、
なんとなく想像できるお話しを幾度か聞かせて頂き、
決して忘れらない名前になりました。

その、キトリちゃんがね!

ご家族で見送って貰えたこと、なによりでした。
私たちも偶然に、揃って愛犬の最後を看取ることができ、
大きな悔いを残さずに済んだ思い出があります。

ここさんも、ご主人さまも、さぞ、お寂しくなることでしょう。
これ以上、言葉が浮かびませんが、
拙い句をご笑覧ください。

しゃかしゃかと犬が迎へる梅雨の宿(南亭)




[2016/06/23 22:37] NANTEI [ 編集 ]

NANTEIさま

御句、フローリングにつめの音をさせてやってくるキトリの様子そのままです!先ほど広島の家に戻ったところですが、おかげさまで今日もキトリに迎えてもらえました。ありがとうございます。
 
 気がついたらキトリのことを考えていて、自分でも驚きます。誰かとキトリのことを話したいなあと思いますが、普段はそれもできないので、じっと我慢しています。
ですので、NANTEIさんが、お優しいコメントを下さって、キトリのことをお話し下さって、とてもとても嬉しうございました。何度も読み返しました。
 
 今日は、早くキトリのいる家に戻りたくて、とても気がせきました。帰ってみるとやはり居てくれて、私が荷物を置かないうちに、いつものようにマイペースですり寄ってきました。ようやく会えたなあと思って、気持ちが落ち着きました。
 
 御句のおかげさまで、この先いつもキトリに迎えてもらえるように思います。
ありがとうございました。

 梅雨時分、ともすれば体調を崩しがちです。どうぞお身体にお気をつけてお過ごし下さいますよう。


[2016/06/24 22:07] ここ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する