スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

同じ春の夕暮れ 

こんにちは。
家の前の小さな谷の春は、臘梅から紅梅へ、そして今は、黄色い山茱萸の花が咲いています。

学生時代に、一番お世話になった方が亡くなられました。
大学の大先輩です。
俳句会が出会いでした。

西荻の、それらしい気取らないお庭の中の広間に、私たち学生はよく集まっておりました。
句会の時はもちろん、ただのおしゃべりの時もたくさんありました。
学生時代の私ときたら、その方のお宅に、三日にあげずお邪魔しておりました。
私と同じ年のお嬢さんがいらしたのもあって、しょっちゅうご家族とお夕食をご一緒させていただいておりました。

あの頃が、ちょうど今の私と同じ年頃でいらしたと思います。
考えてみたら、何の遠慮もなくしょっちゅうやってきては、勝手なおしゃべりをして帰って行く若者に、嫌なお顔ひとつなさらず、ご飯を食べさせ続けてくださったのでした。
今ごろようやくそのことに気が付いて、今さらながらびっくりです。
だってそんなこと、今の私にはできそうもありません。

お知らせを聞いて、最後のお見送りに何とか行きたいと思いながら、仕事が重なって身動きのとれない自分の切れ味の悪さに、悔しい気持ちでいっぱいになっている時のことでした。
突然、
「いいのよう」って、
長い間忘れていた、あのお声が聞こえました。
わざとちょっと投げやりっぽくおっしゃるあの言い方です。
なつかしい、ちょっと苦笑いのお顔といっしょに。

結局、春休みになった先月下旬になって、ようやくお焼香に行ってまいりました。
お仏壇があるそのお部屋は、あの頃、お母様を送られた同じお部屋でした。
あの時も、静かな悲しみが伝わってきて胸が一杯になりましたが、でも学生の私は、何ひとつ慰めの言葉も言えませんでした。
私は今も結局変わっていません。

亡くなられたお母様は、佐渡のご出身でした。
お父様は、遠野の方で、遠野の不思議なお話もよく聞かせていただいておりました。
あんまりしょっちゅう行っていましたので、ご家族のいろんなお話を聞かせていただいていたのでした。
ご主人は、とても偉い方でしたが、面白いことばかりおっしゃるので、いらっしゃる時は大笑いしてばかり。

この度も盛岡の友人やら先輩やら後輩やら、仲良しだったお嬢さんも一緒に、懐かしい広間に集まって、またおしゃべりをいたしました。
私が一番かわいがられていたと思っていましたが、今考えると、きっとみんながそう思っていたのだとわかります。
ここにいる皆が、こうして集まっていることが、当たり前のようで、不思議なようで。
今もこうして私たちをつないでくださっていることの有り難さを、誰もが感じておりました。

それにしても、集まってくださった方々や、うわさ話に聞く友たちの消息が、みんなみんな立派で、頑張っていて、確かで。
ため息が出るほど。
ああ、それに引きかえ私ってば何やっているんだろう。
そう思ってふと思い出すと、これって学生時代の私そのものではありませんか。
そうそう、これが私だった。

思い出すのも恥ずかしい大風呂敷やら、失敗やら、情けなさやら。
それなのに、そんなダメ学生の私を、いつだって笑顔で迎えて、ダメだなんて全然思っていらっしゃらない様子で。

西荻駅までみんなで歩きながら、みんなすごいなあって思う、
こんな春の夕暮れが、ずっと前にもあったのだと思いました。

私はどうやら、大人になっても、何一つ変わってないみたいです。
また遠慮も無く、お宅に集まろうと思います。

ここにつながる皆の幸せを、あのころからずっと祈ってくださっていたこと、心から、心から、深く深く感謝しています。
本当に、ありがとうございました。

遠くから、ご冥福をお祈り申し上げております。



[2016/03/15 16:15] 日記 | トラックバック(-) | CM(2)

こんばんは。

ご無沙汰しておりました。

ご多忙なのか、また健康を損ねておられるのかと、
気にしておりましたが、お元気そうな投稿を拝読して、
ほっとしております。

学生の頃から俳句に親しんでおられたのですね。
どうりで折り折りの御句には、
さまざまをくぐり抜けてきような自然体を感じます。
最近は句の集まりには出ておられないのでしょうか?

若い頃のことどもは、苦い思い出が多いです。
私もそのいくつかが突然蘇るとき、
身悶えするほど恥ずかしくなる時があります。
布団を被って寝たいような・・・(笑)

それが40歳を超えた時のこともあるわけですから、
堪らないものです(苦笑)

人は言わないけれど、多かれ少なかれ、
そんな忸怩とした記憶を抱えているのではないでしょうか。
そう思って、なんとか忘れるようにしてますが^^

[2016/03/18 21:49] NANTEI [ 編集 ]

NANTEIさん、こんにちは。
随分ご無沙汰申し上げました。
久しぶりの温かいコメント、本当に嬉しく拝見いたしました。
ありがとうございます。
お元気そうでいらして、何よりに存じます。

このところ、お仕事に追われて、それもあまり思うようでないといった具合で、すっかり余裕を無くしておりました。
学生時代の友人達に会い、ようやく春休みになりして、少しずつ自分を取り戻しつつあるような気がしております。

俳句は学生時代からです。すっかりやめてしまうでもなく、真面目に取り組むという風ではもっと無く、今に至ります。(そういうダラダラな自分にもいつもがっかり。その頃のお仲間は、皆それぞれに知られた方になっておられます。)
ですので、おっしゃっていただいた様な「さまざまをくぐり抜けてきた様な自然体」というようなことは、私には全然当てはまりません。
今は特に句会に出席してはいません。毎年春になると、今年こそ行こうかなとか思います。一事が万事、そんな風です。

これからも、ここに時々いろいろを綴らせていただくつもりでおります。今後ともどうぞお元気で、ご指導のほど、ぜひよろしくお願いいたします。

[2016/03/22 10:38] ここ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。