潮時 

こんにちは。
久しぶりに雨になりました。
ご祝婚のうたげ続きでお疲れの我が家のお雛さまも、一息ついておられるようにお見受けいたします。

少し前のお話で恐縮ですが、
母が、ながらく続けておりました茶道の先生のお役目を、昨年末で終わりといたしました。

12月のとある月曜日に、ふと思い立って久しぶりに実家を訪ねましたら、
今日が最後のお稽古日だったの、と聞かされたのでした。

そろそろという話を聞いてはおりましたが、今日がその日だったなんて。
何も言わずに、普段通りにしているところが、母らしいと思いました。
来年のお初釜に、お客様として生徒さん達をお招きするのを、本当の最後にするそうです。

もうお稽古が無い座敷を見ながら、言いようもなくさびしい気がいたします。
私のそんな気持ちを察してか、
母は、「しおどき」という言葉を何度も口にいたしました。

何か物事を決めなくてはならない時の、不思議なカンのようなものが、母にはあります。
幼い頃の、弟の病気の治療についての逸話。
娘に絵本を選んでくれた時も。
それはただ、本当のことにじっと耳を澄ますこと、なのだと思います。

母がそう言うなら、そうなのかもしれないなあと、諦めるしかありません。

潮時。
満ちてきて、また引いてゆく潮の変わり目。

見えない潮目に、耳を澄ますこと。






[2016/03/09 13:40] 家族 | トラックバック(-) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する