あたりまえの 

こんにちは。
ご無沙汰しております。

梅雨、いかがお過ごしでしょうか。
私は、近くの菖蒲園を見に行くのを、この頃の楽しみにしています。

先週末、娘が遊学先の大阪からひょっこり帰ってまいりました。
とめどないおしゃべり。
娘のいる週末は、いままでどおりと変わりなく、あたりまえに過ぎてゆきました。

娘のいない、夫と二人の週末も、もう一年以上になります。
特に口にはいたしませんが、私もたぶん夫も、
娘がいないことを胸の奥に感じながら、毎週末の時間を過ごしていたのだと思いました。

母に電話でそのことを話しました。
うん、うん、とうなずいて聞く電話口の母。

両親も同じ気持ちであったかと、思うことでした。

静かな午後です。





[2015/06/17 16:26] 家族 | トラックバック(-) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する