観覧席に 

こんばんは。
夕方から、ちらちら雪になりました。
春の雪です。

プールに行きました。
プールは、時々の小さな楽しみです。

5往復したら帰ることにしています。
きれいな色のビーズ玉で作られた、備え付けの数え板を使います。
今日はきみどり色のビーズのにしました。

1往復目、いえ2往復目でしたか、
ふと観覧席を見あげると、男の人が一人本を読んでいます。
2階に、全体を見渡せるガラス張りの観覧席があるのです。

一瞬、夫かなと思いましたが、全然違う人でした。
前かがみになって読む姿勢が、ちょっと似ています。
せっかくなので?夫が見てくれていると思って、泳ぐことにしました。

クロールは、けっこういけます。
平泳ぎは、手と足のタイミングが全然分からなくて、いけません。
少しずつずらしてやってみていますが、今も分かりません。
平泳ぎが出来る方は、きっとそんなこと考えたこともないと思います。
つまり私の平泳ぎは崩壊しているのだろうと思いながら、それでも、ときどきうまくいくのを喜んでいます。

観覧席の男の人は、プールの方には目もくれず、本を読み続けています。

誰かが、私のことを見てくれているって、嬉しいことだなと思いました。




[2015/02/08 23:03] 日記 | トラックバック(-) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する