祖母の写真 

こんばんは
暦はいつの間にか夏になりました。
初夏の風が、本当に気持ちよくて、今ここにいることが、ただ嬉しくなります。

一昨日、祖母が亡くなりました。
今日みたいに、風の気持ちのいい日でした。

その白黒写真を持ってきてくださったのは、祖母の弟にあたる方でした。
祖母の里帰りの折の写真です。
それは、誰かに聞かなければ、写っているのが誰なのかわからない、古い写真でした。
聞いて、ああと納得しながら、もう一度写真を見直します。

写っているのは、六人。
祖母のおじいさんだけが座って、あとはみな立っていました。
そばにいる小さい女の子は、私の母。リボンのついたワンピースに、靴を履いています。
白っぽい着物の若い女性が、祖母だということでした。
反対側に祖母の義母。濃い色の着物が絽の着物だと気付いてみると、それは夏の日のことのようでした。
後ろに立っていた祖母の弟は、小学生の帽子をかぶって、ちょっとやんちゃそう。
少し離れて若い祖父。

よく見ると誰も笑っていないのに、皆が笑っているような気のする写真でした。

祖母のおじいさんは、このあと、ほどなくして亡くなったそうです。
そのおじいさん以外は、みな私が知っている人なので、見ているとそれぞれの声が聞こえるように思われます。
おじいさんは大男で、倒れると起こすのに二、三人がかりだったという話だけが、昔語り。あとの話はどれも、今とつながって聞こえてきます。
でも、祖母が亡くなって、この写真の中で、今も生きているのは二人だけ。

「里に帰るときこそ、いちばんよい支度をして」と、母が私に言うように、祖母も母に言っていたろうと思います。
涼しい祖母の美しさが際立って見えました。

写真を持ってきてくださったのは、ここに写っている祖母の母の子供です。
吸い込まれるように静かに話すその人にとって、これは、母親の写真なのでした。

写真の中にも、夏の風が吹いています。







[2007/05/10 22:42] 家族 | TB(0) | CM(3)

cocoさんこんばんは!!

●ここさんBlogへの初めてのコメントありがとうございました。姉さんの告別式では初めてお会いしていて、なぜか遠い昔にお会いしたような風を感じました。ここさんの亡き祖母(私にとっては姉)に関する写真への思い、爽やかに拝読させて戴きましたよ。6月25日の満中陰にはそちらへよう参りませんが、大阪の地で静かに思いに更けます。ありがとう!
また、当サイトもお訪ねしたいと思います。私の拙いサイトもお暇な折覗いてみてください。

shimoigalleryさん、こばんは。
その節は、失礼いたしました。絵や写真のことは何も分かりませんが、shimoigaleryさんの、色々に豊かなサイト、少しずつ楽しませていただけたらと思っております。
わざわざお越し下さって、コメントも下さり、感激です。ありがとうございました。

[2007/05/12 23:52] ここ [ 編集 ]

●ここさん今晩は。リンクの承諾有難うございます。早速shimoigalleryの親サイトとBlogサイト両方に『風の中の散歩』と題してここさんのサイトリンク設定させていただきましたよ。有難う御座いました。ここさんも私のサイトを相互リンクしていただけるなら、ここさん自身の管理者サイトより私のサイトアドレスURL(http://www.eonet.ne.jp/~shimoigallery/)をコピーして貼り付けしたらリンクできますので設定してみてくださいね。判らなければ又お尋ねくださいね。取り急ぎリンクのお礼申し上げます。一度私のサイトよりクリックして正常に開けるかご確認してみてくださいね。ではでは・・・
[2007/05/13 23:46] shimoigallery [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://coco104.blog91.fc2.com/tb.php/88-697c0142