先生を育てる 8 : 未だ見ぬ生徒のために 

こんばんは。

今日は、冬至ですね。
冬至の夜は、家族で静かに過ごすのが似合う気がいたします。


新聞掲載記事の最後、第8回です。
ここまでおつきあい下さって、ありがとうございました。




 いい先生になるために、大学ではどんなことを勉強しておくのがよいだろう。
大学時代の学びは、何といっても教員生活の原資である。
だから自分の授業では、これからの長い教員生活を支えられる学びをと思う。

 たとえば「教育課程・方法論」の授業では、学習指導要領の変遷を扱う。
学習指導要領が、政治や社会の要請を反映しながら移り変わってきたことを知っていれば、現場に出ても、学習指導要領を絶対視することはないはずだ。
だからこれは必要な勉強である。

 とはいえ、心地よい午後の教室。
学生の今の生活には何の関係もない学習指導要領の歴史。
眠くなるのも当然といえば当然だろう。
「ごめんなさいね、眠い授業をして。でも、起きて頑張って」

 教職課程の学生達には、しっかり勉強して欲しい。
将来先生になった時、今学んだことも、学ばずに通り過ぎたことも、みんな必ず、生徒たちに返ってゆくことになる。
『源氏物語』を読んだことがある先生の授業と、教科書にある場面しか知らない先生の授業とでは、おのずと違いがあるだろう。
自分が持っているものしか、生徒に伝えることは出来ないのである。

 先生になりたいと考えている皆さん、これからあなたたちは、自分のために勉強するのではありません。
未だ見ぬ生徒たちのために勉強するのです。
選べないであなたのクラスに来る生徒たちのために、いろんなことに頑張りなさい。

                           」

11月19日 掲載分



[2013/12/22 18:36] 日記 | トラックバック(-) | CM(5)

こんにちは。

ざっとですが、その後の8回まで読ませていただきました。
立派な講座。ただただ感心しました。

そして、
「自分が持っているものしか、生徒に伝えることは出来ない」
というくだりには、教育の現場だけでなく、
企業での社員教育にも相通ずるものがあると、
つくづく納得させられました。

そういう意味からゆくと、私は会社の「上役」「先輩」には、
ほんとうに恵まれたと感謝しています。
入社後30年以上も社会の荒波と闘ってゆくには、
適切な指導が必要です。
それをまた次の世代に伝えてゆかなければならず、
最初の数年間の教育がどれだけ大切なことか。

振り返ってみて改めてそう思うのです。

きっとここさんのような、素晴らしい方の薫陶を得て、
立派な教師が育ってゆくものと信じます。

お疲れさまでした。
そして良い話を読ませていただき、ありがとうございました。
[2013/12/23 13:52] NANTEI [ 編集 ]

おつかれさま

正解があるようで無いようで、どうしたらいいのか、
自分ではなかなか答えが出せないことって、ありますよね。
誰かが「これが正しい」と教えてくれたら。
それが素直に信じられる「誰か」だったら、と思います。
いつかぼくもそんな「誰か」になりたいです。

[2013/12/23 22:42] ねむねこ [ 編集 ]

NANTEIさん、こんにちは。
年の瀬、いかがお過ごしでいらっしゃいますでしょうか。

たくさんお読み下さり、またご丁寧なコメントを下さり、大変ありがとうございます。
とても嬉しいです。

NANTEIさんの、お嬢様への絵日記など、とても厳しくお仕事に向かっておられたご様子、後進の方々にも、よき上司でいらしたことと拝察申し上げておりました。

おっしゃってくださいましたように、働き始めの数年って、とても大切ですね。コメントをいただいて、その思いを強くいたしました。
内心、どんな仕事も、仕事をしながらでなければ覚えてはゆけないと思っていますのに、そんなわたくしが、現場に出る前の学生さんを教えるなんて、何だかヘンです(文科省も参加の、巨大な学校ごっこに参加している感じ)。教師として、さしてめざましいことも無かった私が出来ることなど、本当に何も無いのでした。

そんなこんなをつぶやきつつ、押し寄せる年の瀬の大波、何とか乗り切りたいとのっそり立ち上がったところです。

年内、もう一度ご挨拶できればと思っております。
寒さの折、どうぞお気をつけてお過ごし下さいませ。





[2013/12/24 17:34] ここ [ 編集 ]

ねむねこさん、こんばんは。

この頃は、あっというまに日が暮れますね。

はい。
結局、何も分からないので、結局、目の前の人を信じるしかないことがたくさんあるなあと思うこのごろです。
そうなると、人を見る目って大事になってくるなあとか。

いろんなことを思い出しながら、今年も暮れてまいりました。

今日は、クリスマスイブですね。
素敵なねむねこさんに、いいことがありますように、心からお祈りしています。


[2013/12/24 17:41] ここ [ 編集 ]

どうもありがとう

クリスマスからお正月にかけてが1年でいちばん好きです。
特になにもないけれど。
ここさんも、どうぞ良い年を。

[2013/12/24 23:19] ねむねこ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する