離陸 

おはようございます。
露草の青い花が、あちらこちらに咲いています。

9月10日、山下さんが亡くなられました。
92歳でした。

山下さんは、零戦の搭乗員として、母艦「瑞鶴」でご活躍の後、搭乗員の育成や、大戦末期には、新しい戦闘機のテストパイロットをなさっておられた方です。

11日に、最後のお別れに行ってきました。

毎年の、お盆とお正月の、親戚としてのご挨拶が出会いでした。
ご誠実なお人柄と、お話の確かさに惹かれて、毎年お訪ねしては、長くお話を伺うようになりました。

いつか文字に起こしてと思いながら、10年以上もの時間が経ちました。
お話は、常に、細かいところまで正確で、
いい加減なことは出来ないから、文字にしたら確認していただかなくては、などと、そういう日のことを想像しつつ、
結局、愚図の私は、いつものようにグズグズとしたまま、何も出来ず、とうとう今となりました。

グラマンとの一騎打ちのお話、大分の基地の様子、着艦の時のこと、強化食のこと。
いろんなお話を聴きましたが、まだまだうかがいたいことはたくさんありました。

私たちは、お盆やお正月のごちそうを前に、大抵は広い座敷に二人でした。
ご家族の方も、話がはずむようにと、ご遠慮下さっていたのだそうでした。

昔の方ですし、思ったことをそのまま口になさるような感じではありません。
それでも、私がうかがう頃になると、毎回ごそごそと準備などして下さっていたのだそうです。
春にスーパーで、義母に逢ったとき、「この頃は、あまり来られませんか」と、お声をかけて下さったそうです。

今年は、娘が受験で、お盆には帰省しませんでした。
少しお身体の具合がお悪いと聞いてはおりましたので、来週にもと思っていた矢先のことでした。

最後まで、意識もはっきりなさっておられたそうです。
お盆を過ぎて、お水と氷ばかりになられてからも、ずっと命をもたせておられたそうです。

私を待って下さっていたのではないか、
ひと目逢いたいと思って下さっていたのではないか。

11日は、一人でバスで行きました。
広島から松江への高速道路が出来てから、夫の里も、山下さんのあたりも、直通バスの経路を外れてしまい、とても不便になっていました。
でも、本当に来ようと思えば、乗り継ぎを探して、こうして来ることが出来たのにと思いました。

山下さんは、いつも通りの朗らかなお顔をしておられました。

無理をしてでも、お盆に帰ればよかった。
私は、ひと目、お逢いしたかったです。

年に2回。
最後まで、そういう間柄でした。

お通夜とご葬儀には、夫と義母が参りました。

山下さんは、あれほどの技術を持ちながら、終戦以降、一度も飛行機を操縦しないままでした。

10日も、11日も、よく晴れて、空のきれいな日でした。

毎年、お盆にはお宅の座敷から見えていた、お庭の赤いカンナの花が、今年も咲いていました。






[2013/09/13 12:34] 山下さん | トラックバック(-) | CM(9)

まさに、離陸、でしたね。
私もそうありたいです。

[2013/09/14 17:51] ねむねこちゃん [ 編集 ]

ねむねこさん、こんばんは。

ご自身操縦機の離陸と同じ、美しい離陸でした。
美しすぎて、以来、泣かれてなりません。

[2013/09/15 21:28] ここ [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2013/09/17 16:09] - [ 編集 ]

こんにちは。

驚きました。

九月10日のことでしたか。
92歳、いろいろな思いを抱いて、
けれども安らかに逝かれたことと思います。

顧みると、ここさんと私の縁をつないでくれたのは、
山下さんのような気がします。

ここさんが書かれた山下さんのお話しに、
とても興味を持ってこちらを訪れたのですから。

そういえば、つい何日か前NHKで、
まだご存命の零戦パイロットたちが集まって、
思い出を語るという番組がありました。

咄嗟に山下さんのことを思い出しました。

また宮崎駿さんの「風立ちぬ」も現在上映中ですね。
山下さんがこの映画をご覧になったら、
どのように思われたでしょうか・・・

そんなことも考えていました。

零戦の操縦士はもう幾人もいなくなります。
けれどもまだ戦後は終っていなかったことも、確かですね。

こうして山下さんのことを、少しでも書けるのは、
ここさんのおかげです。
私も遥かな房総の地から、ご冥福を祈らせてください。

零戦を語る目遠し曼殊沙華(南)
[2013/09/24 14:35] NANTEI [ 編集 ]

彼岸へ離陸

◆見事な最後の離陸へ合掌。また一人、時代の生き証人が逝かれた、貴重なお話、もう聴けなくて残念ですね。風の果てからご冥福をお祈り申し上げます。
[2013/09/24 17:01] shimoigallery [ 編集 ]

Re: こんにちは。

NANTEIさん、こんばんは。

コメントありがとうございました。
私はただ、お話を伺うばかりで、何も形にして差し上げられませんでした。
いろいろと悔やむことばかりで、当分呆然としておりました。

「風立ちぬ」ご覧になったのですね。

ご家族の方におねがいして、零戦パイロットがいつも首に提げていた缶切りを遺品としていただきました。
錆びきってはいますが、小さいのにしっかりしていて、当時の仕事の確かさがうかがわれるように思います。

そして御句、大変ありがとうございました。
私も歌か句にして残したいと思いましたが、少しも出来ずにいます。


[2013/09/24 22:29] ここ [ 編集 ]

Re: 彼岸へ離陸

shimoigalleryさん、こんばんは。

コメントありがとうございます。
あっという間の離陸で、地上に残された私は、まだ今も、何も見えなくなった空を見上げて呆然としています。
おかしいですね。
お話の録音テープがありますので、これから整理できたらと思っています。

[2013/09/24 22:39] ここ [ 編集 ]

御無沙汰しておりましたが
こんな悲しいことがおありでしたか

山下さんの御冥福をお祈りいたします

最後まで待っていて下さったのかもしれない・・
お辛いですね
ここさんへの言葉が見つかりませず、ごめんなさい
お気持ちが沈んで、お体に障りませんように


[2013/10/02 10:36] Hulaさん [ 編集 ]

Hulaさん、おはようございます。

ご無沙汰しております。
お元気でお過ごしでいらっしゃいますか?
お優しいお見舞いをくださり、大変にありがとうございました。
とても癒やされたように思いました。

とても不思議なことですが、山下さんと私の気持ちは、きっとお互いに深くつながっていたと感じておりました。それはたぶん山下さんもそのように思って下さっていると、確信のようなものがありました。(人って、面白いものですね。)

それを周りも感じて、喜んでくれているものと勝手に思っていたのですが、実は二人だけにしかわからないものだったのだと、今になって気がついています。
ご家族の方にも、私の家族にも、私がずいぶん悲しんでいましたのが、少し不思議に思えたようです。

大学も後期が始まりました。日々の仕事に追われて、クヨクヨはなくなりました。ありがとうございました。

何事も思いばかりで行動が伴わないことが多い私、反省するものの、です。
Hulaさんみたいになりたいです。
ありがとうございました。






[2013/10/03 06:43] ここ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する