泣いた赤おに 

こんばんは
今日は八十八夜だそうです。昨日、お友達のろしなんてさんに教えていただきました。何でも、誰かから聞いて知るのは、嬉しいものですね。

八十八夜といえば、茶摘み。
考えてみると「新茶」って、今の時期の、あふれかえる新緑のしずくなのですね。
あなたは、どんなお茶がお好きですか?
おいしいお菓子とお茶のある幸せ、いつも誰かに分けてあげたくなりますよね。

「おいしいお茶とお菓子がございます。どうぞ遊びに来てください。」
赤おには、そんなお友達がほしかったのでしょう。
青おにのおかげで、さびしかった赤おにのところに、ようやく村人が来てくれるようになりました。
もう赤おにはさびしくありません。

でも、青おには、どこかへ行ってしまいました。
青おにはきっと、赤おにと同じさびしさを知っていたのだと思います。

赤おには、いつも心づくしのお茶とお菓子を用意いたします。
来てくれる村人のために、離れたところにいる青おにのために。


[2007/05/03 00:05] 日記 | TB(0) | CM(2)

新緑のしづく

ここさんおはようございます
新茶は新緑のしづく・・・きれいなことばでね。
あれっ、いま蛙の声がしました。新緑のしづくに喜んでいるのかな。
庭のお茶の木に新芽がたくさんでました。今年も少しだけ新芽を摘んで天婦羅に^^。ちょっと無粋だったかしら、ごめんあそばせ。ついでに、柿の若葉の天婦羅もおいしいですよ。もっちりして柿の実の存在を感じさせるようなお味です。

昨晩はカーテンを開け放って月のしづくに触れながら眠りにつきました。
今朝はそのしづくが靄になって立ち籠めていました^^。

[2007/05/03 08:42] ろしなんて [ 編集 ]

お茶の葉の天ぷらも、柿の葉の天ぷらも、食べたことありません。食べたーい。
この季節のお酒に合いそう!
いいですねえ、そういうの自家調達できるなんて。
天ぷらが無くなっても、お塩で飲み続けてしまうんですよね、私。

[2007/05/03 18:09] ここ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://coco104.blog91.fc2.com/tb.php/84-a9c01745