父母と 

こんばんは。
少しずつ、日差しが明るさを増してきました。

太宰府天満宮の梅もそろそろ見ごろです。
両親に声をかけました。
そろって出かけてくれるとのこと、大喜びです。
一泊しようという話になり、それなら二日市温泉にと、話はとんとん拍子。

聞いてみれば、二日市温泉は、両親が新婚旅行の折、最初に泊まったところだそうです。
そんなこと、今までちっとも存じませんでした。
どうやら当時流行の、九州をめぐる新婚旅行だったようです。

古いアルバムの父母の結婚式の写真。
白黒写真の中の、若い父の顔を思い出します。

その日は、快晴。
太宰府天満宮の境内いたるところに植えられた梅は、満開あり、まだのものあり。
少し冷たい風に梅の香。
飛梅は、ちょうど満開でございました。

太宰府政庁跡や、観世音寺をご案内して、二日市温泉へ。

大浴場をざあざあと流れる豊かなお湯と、心づくしの素晴らしいご馳走。
ふふふ。
50年前のことは、もうほとんど記憶にないのだそうです。
きっと、父母それぞれに、何かその日の場面を思い出していたことと存じます。


先日、母よりのメール。

「お早うございます。
 御寒くはありますが良い御天気が続いています。
 先日は梅観のお誘い、有難う御座いました。
 
 新婚旅行での一日が二日市。あれから五十幾年で又出発点に戻って、
 何とも不思議というか、御縁とでもいいますか。
 
 初めは二人でしたが、有り難いことにわが子がこうして縁を繋いでくれて、何と幸せなことでしょうかーーー。

 太宰府天満宮も、また国立博物館も この時にあの至宝を観ることが出来て、
 今もあの神神しさが、嬉しくも思い出されています。
 色々有難う。
 帰りの駅では、少々珍道中もありましたが、とても幸せな旅で御座いました。

 やっぱりパーワースポット等等のお陰なのでしようか。
 あれから全然疲れがなく、毎日元気に動きまわっています。
 二日市は良い所ですね。
                                」


春。
楽しい小旅行でございました。



 父母と一つ広間に猫柳    ここ





*二日市温泉では、「大観荘」というお宿に泊まりました。
 今流行りの源泉かけ流しなのですが、展望浴場のお風呂をざあざあと流れる湯量もさることながら、そのお湯の柔らかいこと!
 いつまで入ってものぼせない気がする優しいお湯に感激でした。
 全て丁寧に作られたお料理にも感激。
 建物がやや古いせい?で、お値段もお手頃。
 おすすめです。
 




[2013/02/24 12:04] 家族 | トラックバック(-) | CM(2)

父母と

ここさんこんばんは~!
静岡は、今日はとても暖かい日でした。

お父様お母様と、とても楽しい旅をされたようで
私まで、嬉しく読ませていただきました。m(_ _)m

梅見に出かけ、その夜はご両親が新婚旅行で行かれた
温泉に泊まられたなんて、素敵ですね。

ご両親の笑顔やここさんの笑顔はきっと輝いていて、
そんな皆様を想像しながら、もう一方の脳で、私たちの旅の思い出もどこかで振り返っていました。

日常から離れ、楽しい旅ができて本当に良かったですね。
[2013/02/28 23:38] ねたの [ 編集 ]

ねたのさん、こんにちは。

コメントありがとうございます。
梅の香りって、いいものですね。

同なじです!
毎年春にご一緒しておりましたので、私も何となくお二人やまちこさんのこと思い出しておりました。
今は大変なお二人を応援して、それからまた是非ご一緒いたしましょうネ。

春、お忙しいことと思いますが、どうぞお気をつけて。
[2013/03/02 11:17] ここ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する