旅日記 博多2 若い人を育てる 

こんにちは。
よく晴れて、今は、少し強めの風が吹いています。

ねたのさん、まき衛門さんをお迎えしての博多ノープランの旅、続きです。

さて、なりゆきまかせの状況を生きる私たち三人、早速くだんのお花やさんに向かいました。

そこは、金曜日と土曜日しか開いていないというお花屋さんです。
その日は金曜日でした。

福岡が都会だなあと感じる理由の一つに、若い方の、こだわりのお店が多いことです。
古いアパートの一角にある雑貨屋さんや洋服屋さん。
先日も、週末しか開いていない文具店に行って、来年の手帳を購入してきたところです。

見つけました。
目立たない場所に、小さな看板の掛かった、小さなお花屋さんです。

おや、お休みのようです。
中から人が出ていらして、結婚式のお仕事なのだそう。
残念。

仕方がありません。

街は静かな、昼下がりです。

おや、お隣は、博多織の工房でしょうか。

ここもおやすみかなあ。

三人が雁首を並べて、木枠のガラス戸をのぞき込みます。
中から背が高くて細い青年が出て見えましたよ。
ふふふ。

彼ご自身が、どうやら博多織の職人さんなのでした。
奥には大きな織機。
博多織は、力を入れて織るので、機は動かないように、天井や壁に固定されているのだとか。

彼が織ったという博多帯のいろいろ。
一瞬、息を呑むほどの素晴らしさです。

淡い色とつやの織り出す模様。
博多織の、昔からの決まりとか、柄とか。
それから新しく取り入れた部分や色について。

控え目ながらも、熱のある説明。
高価な品物ですから、とてもとても購入できるはずのない私たちですのに。

うかがいながら、次第に熱い気持ちになっていきました。

彼は、このところ、伝統工芸展に毎年出品しているのだそうです。
来年の工芸展では、きっと私たち、お名前を探すことになると思います。

すっかり応援者気分になって、小さな工房を出た私たち(財力は無し)でございました。


*博多織の工房を訪ねて、一流の職人さんのお話をうかがう。
はからずも、遠来のお客さまへの申し分のないおもてなしができたと、内心嬉しくなったのは、いうまでもありません。

この先も、もちろんなりゆきまかせ。



[2012/11/19 14:30] 旅日記 | トラックバック(-) | CM(4)

素敵です!!!
こちらまで嬉しくなります。。。♪

"状況を生きる"ファン・夢 


こちらも素敵なふたりに出逢いました♪
smile♪
[2012/11/24 09:38] コスモスの夢 [ 編集 ]

コスモスの夢さん、おはようございます。

楽しいお二人でしょう。
私も、お目にかかった瞬間から笑顔になってしまう方々です。
今年も残り少なくなりました。
私も、“状況を生き”ている場合ではないのですが、相変わらずです(笑)
寒くなりました。
どうぞお気をつけてお過ごし下さいますよう。
[2012/11/26 10:32] ここ [ 編集 ]

ここさんが書いてくださると、とても自分が美しく映るのですが、どっこい、がさつなねたのです。m(_ _)m


コスモスの夢さんの「夢」を壊さないようにしたいのですが、ごめんなさい・・・・。

いつもほんわり暖かにしてくれるここさん、
ありがとう~!
[2012/11/28 22:31] ねたの [ 編集 ]

ねたのさん、こんばんは。
ねたのさんは、どうやらお忙しさから抜け出されたのでしょうか。
私も大変だった11月が終わったなあと、ただいま少々虚脱状態です。
ねたのさんのことを思い出すと、自然ににっこりいたします。

寒くなります。
どうぞお気をつけてお過ごし下さいませね。
[2012/12/01 21:32] ここ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する