翼 

こんにちは。
小鳥の声が聞こえています。

この頃、飛ぶ練習をしています。
もちろん、空を飛ぶ練習です。

背中側に腕を伸ばして、根元の肩胛骨のところから、ゆっくり動かします。
そのうち、背中の翼が少しずつ、風をはらんでくるのが分かります。

でも、練習は長くは続けられません。
空気の重さに耐えかねて、背中の下の方が悲鳴を上げるからです。
長い間飛んでいなかったせいで、すっかりなまっているのです。

毛むくじゃらで不器用な、大きな手をしたクマと結婚して、
そのうち熊とも鳥ともつかぬ娘も出来て、
いろんなことが、楽しくて忙しくて、空を飛ぶことなんて、すっかり忘れていましたから。

でもね。
ずいぶん前のことですけれど、谷が見渡せるこの場所に住むことになった時、
ああ、ここからなら、すうっと飛び出せそうって思ったのを覚えています。

今日も、谷に向いた窓にお布団を干したついでに、ちょっと練習しました。
お風呂に入る前にも、ちょっとやってみました。

ねえ、さくらちゃん見てみて、ママ最近、空を飛ぶ練習してるの。

そう、がんばってね。

娘のさくらも、クマの夫も、あまり関心が無さそうです。





[2012/09/07 10:57] 日記 | トラックバック(-) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する