1回休み 

おはようございます。
厳しい残暑の中にも、あたりの景色は少しずつ秋めいてまいりました。
いかがお過ごしでいらっしゃいましたでしょうか。

私は先日、なんとまあ、入院・手術を経験してまいりました。
ちょうどお盆の間になります。

自覚症状皆無。
自分で入院の大荷物を持って、雨の中(雨女なのです)傘をさして、元気いっぱいの入院です。

手術への付き添い、無くてもいいですよと、先生も仰ってくださいましたけれど、夫と娘が来てくれました。
結局毎日お見舞いにも来てくれました。
もしかして私、家族に愛されているのかしらん。

病室の隣人は、私と同じ日に、私と同様の手術をした方でした。
年の頃も同じ。
彼女は、眠れない、食事が口に合わない、部屋が暑いと嘆き続けたあげく、私より3日も早く退院して行ってしまいました。
寂しい。

私はと申しますと、入院生活は思いの外の快適。
夜はぐっすり眠り、手作り感いっぱいの美味しいお食事。
その上お昼寝も大いばり。
消灯時間は10時です。
ね、何やら子供の頃の合宿か何かのような気がしてくるでしょう。

術後はあっという間の回復。
積年の疲れ?も次第に取れてきたたような気がいたします。

極楽満喫の入院生活。
すみません。

広島の家に戻ってみますと、玄関の鉢植えのラベンダーが、すっかり枯れてしまっていました。
ごめんね…。

何だか随分時間が経ったような感じがいたします。

おそるおそる家の中に入ります。

娘の受験の時の小さなだるまさんが、よそを向いています。
太字で書き込みがあるカレンダー。

自分の家なのに、何だか、よそよそしい感じです。

でも、考えてみますと、留守だったのは、たった一週間。
不思議です。


あれから数日たちました。

母が持たせてくれた、羊の形をしたお腹に保冷剤を入れる冷たい枕を小脇に抱えて、

ああ、ママはまだちょっと疲れやすいみたい…。

なんちゃって。

先だって確認済の愛情に、この際ちゃっかり便乗です。

まだまだ極楽生活は続きます。








[2012/08/23 09:53] 日記 | トラックバック(-) | CM(10)

極楽、極楽

はいはいまだゆっくりしてくださいね。

術後は静養が大切なんです。

私もお腹にメスを入れているので良くわかります。

簡単そうな手術でも一度メスを入れた身体は大切に

しないといけませんよ。
[2012/08/24 09:00] 塾長 [ 編集 ]

塾長さん、おはようございます。

ありがとうございます。
お互い、刀傷を背負う身なのですねえ。

おかげさまで、何となくぼんやり暮らしております。
あ、それって、いつもと同じ。
[2012/08/24 09:17] ここ [ 編集 ]

心配していました

大丈夫ですか。しばらくブログが更新されていないので。処暑とはいえ猛暑続きの酷暑。どうかご自愛ください。
[2012/08/26 01:16] shimoigallery [ 編集 ]

shimoigalleryさん、こんばんは。

ご心配下さって、ありがとうございます。
タカをくくってはいけませんけれど、きっと何とかなるだろうと、のんびり構えております。
それでもさすがに少々心細くなることもあって、お優しいお声をかけていただいて、とても嬉しかったです。
ありがとうございました。


[2012/08/26 22:26] ここ [ 編集 ]

お大事に

 今暫らくは、身体の声を聞き逃さないよう、無理なさらず、のんびりゆっくりと養生して下さい。

 ・・・・・無事に帰られて良かったですね!




[2012/08/28 17:34] あやこ3 [ 編集 ]

こんばんは

しばらく見ないうちに、手術されていたなんてみてびっくりしました.無事に退院できて何よりです.病み上がりなので無理しないでくださいね.
[2012/08/28 20:39] まき [ 編集 ]

Re: お大事に

あやこ3さん、こんにちは。
ご無沙汰しております。お元気でお過ごしでいらっしゃいますか?

>身体の声を聞き逃さないよう

あやこ3さんが仰ったと思うと、一層注意深く身体に耳をすましていましょうと思われます。
ありがとうございます。
仕事をしながら、ぼちぼち治療をしてゆこうということになっています。

あやこ3さんも、どうぞお身体お大切に、お気をつけ下さいませね。
いつかまた、元気でお目にかかりたく。
[2012/08/29 11:26] ここ [ 編集 ]

Re: こんばんは

まきさん、こんにちは。

コメントありがとうございます。
かなり元気だったので、自分でもびっくりしています。
そういう年頃ということなのだと思います。
容赦なくやって来る大学のお仕事、これを機会によそへ流してしまおうとか、夢みております。

世界中、あちらこちらでのご発表、ご活躍をとても嬉しく、自慢に思っています。
日頃、ご無理も多い様に思います。どうぞお気をつけ下さいませ。

*先日、森博嗣『喜嶋先生の静かな世界』を読んで、まきさんの感じを思い出しました。


[2012/08/29 11:32] ここ [ 編集 ]

ここさん、こんばんは
大変ご無沙汰しておりました
こんな大変なことになっていらしたのですね
自覚症状のない・・・?
でも手術をされるほどの御病気だったのですね
どうぞお大事になさってくださいね
でも亡命の時は(e-446)走られるほどに!
そして通院も終わりと伺い、安心いたしました

[2012/11/02 23:03] Hulaさん [ 編集 ]

Hulaさん、こんにちは。

ご無沙汰申し上げております。
お目にかかれて、とても嬉しいです。
コメント、ありがとうございました。

初めは元気いっぱいでしたが、お仕事しながらの治療は、さすがにだんだん応えてきました。
今は、(昔話の語りの声で)「やれやれ、やっと山を越しましたとさ」といった感じでしょうか。
このたびの不測の事態、いろんな方に、いろんな形で支えていただきました。
ブログで知己を得ました方々にも、こうしてお声をおかけいただいて、嬉しい物ですね。
本当に感謝しています。

初めは勢いこんでいましたけれど、今は、のんびり構えています。
またゆっくり生活を立て直していこうと思っています。
今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。
ありがとうございました。

[2012/11/03 14:51] ここ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する