七夕 その後 

こんばんは。
今日は、久しぶりの梅雨の晴れ間。
いいお天気でした。

おとといは、七夕さまの日でした。
一年に一度の大切な晩です。
そちらは、晴れましたでしょうか。

今年の七夕は、ちょうど土曜日でした。

娘は、定期試験と模擬試験がようやく終了。
お気に入りのワンピースを着て、福岡の私のところに遊びにやって来ました。
以前から、試験が終わったらという計画で、楽しみに楽しみにしていたのです。

早速、お洋服のお買いものです。
かわいい雑貨屋さんものぞきます。
その間も、ずっとおしゃべり。

ふと、我に返ります。

そういえば、今日、七夕だね。パパ一人だよ。
うん。

週の半分、家族が別れて暮らしているけれど、行事はなるべく一緒にと思っています。
去年の七夕は、一日遅れ。
それでも、笹飾りをして、お願い事もいたしました。

ああ、今年は笹飾りもしていません。
初めてのことです。
七夕の晩に、夫を一人にしてしまうなんて…。

そういえば。
その後の牽牛と織女は、どうなっているのかしらん。

牽牛と織女。
一年に一度の逢瀬です。
一年の間に、どんなに逢いたい気持ちが募ることでしょう。

しかし、それ以外の日は、それぞれに日常に追われています。
織女は、彼との間に授かった子を育てているかも知れません。
(牽牛が育てているかもしれません。)
それぞれに、働き盛り。
うき世の義理もございましょう。

切ない約束のその日が、どうか晴れますように。
もし雨が降れば、またもう一年逢えなくなってしまう二人のために、日本中のみんなが祈ります。
その甲斐あってか、今宵は晴れ。

おしゃれした娘と二人、お買いものの後はお夕食。
雨もすっかり上がって、レストランのガラス窓からきれいな夜空が見えています。

仕方ないね。
パパにおみやげ買って帰ろうね。

牽牛と織女。
晴れても逢えない、彼らにも、そんな日が来ているかもしれません。








[2012/07/09 21:42] 日記 | トラックバック(-) | CM(2)

こんにちは。

ちょっと切ないけど、
それもうき世のなんとか(笑

あいかわらずしっとりと、
また軽やかなお話しでした^^。

こちらの七夕は、またもや雨でした。
[2012/07/11 12:29] NANTEI [ 編集 ]

大人の七夕

NANTEIさん、こんにちは。

そちらの七夕は雨でしたのですね。
切ない恋心もいつのまにかすっかり忘れてしまいそうな者にとって、七夕は貴重な行事かもしれないなあと思う今日この頃でございます。
うき世の義理を軽く捌きつつ、その辺りにも目配りなさるNANTEIさんの都会的で洒脱な雰囲気に、とても憧れます。
[2012/07/11 14:18] ここ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する