更衣 

おはようございます。
曇りです。
葉桜の緑が一層深く見えています。

夫と娘を送り出して、一息ついているところです。
今日のお弁当は、ご近所のタケモトさんからいただいたブンドウで、豆ご飯。
おいしいぞ。

タケモトさんのご自宅裏の田に水が入って、一気にカエルどもの声がやかましくなりました。
ここがいつも一番最後の田植えです。
長い田植えの時期もあと少しです。

家の裏では、十薬の白い花が次々に咲き始めました。
ちょうど、夕暮れの街に灯が灯てゆく時みたいに。

昨日の夕方は、3人と一匹(つまり全員)で裏山にお散歩。
山のあちこちに、卯の花の白が、浮かぶように見えていました。

黄色、紫色と、野辺の花にも色の流行があるのではないかしらん。
今は、きっと白です。

学校は、六月一日から更衣。
さっき、白いブラウスの娘が、坂を下りていきました。





[2012/06/04 08:03] 日記 | トラックバック(-) | CM(4)

ここさんの記事、一篇の詩篇を辿るよう。

時(とき)、空(ところ)を、彩を得て・・・
filmを廻しているのかな?
”日常”なのに”夢”のよう。。

”風の中の散歩” 沁みてきます!!

素敵な朝に、感謝! smile♪


[2012/06/05 08:50] コスモスの夢 [ 編集 ]

コスモスの夢さん、こんにちは。

コメントありがとうございました。
おっしゃって下さったように、もし本当に私の日常が詩のようであるとしたら、それはきっと、この地域のせいだと思います。
私の自宅の周辺は、昔ながらの里山の風情がかろうじて残っているところで、皆さんの暮らしぶりは詩のようだと感じます。当事者の方には深刻なことも、傍から見ているとそうなのです。そして、自分の家のことも同様に、結局のところ、深刻になっても仕方が無いなあという具合に思えてきてしまうのです。
一言で申し上げますと、のどかということなのでした。
ここを訪れて下さった方に、このあたりののどかな空気が伝わっていれば嬉しい限りです。
励まして下さって、ありがとうございました。
[2012/06/05 17:52] ここ [ 編集 ]

こんにちは.ブログ読んでから周りをみると同じようにいろんな花が咲いていることに気づきました.
食べられる植物と食べられない植物しか見極められないので,今度は花の名前でも覚えてみます.
[2012/06/07 12:25] まき [ 編集 ]

まきさん、こんにちは。
ご無沙汰しています。
お元気でいらっしゃいますか。

食べられる植物と食べられない植物が見極められるって、特殊能力では?
花の名前の知識(私はそれほど知っている方ではないです)は、飢饉の時は、何の役にも立ちそうにありませんから、そちらの方かよいと思います。
[2012/06/07 13:54] ここ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する