花はさかりに 

こんにちは。
部屋の前の桜が散り始めました。
岸辺の桜並木の花が、一斉に散っています。

徒然草の第百三十七段を思い出しました。

「花はさかりに、月は隈なきをのみ見るものかは」
(花は盛りだけ、月は欠けることの無い満月だけを見るものだろうか)

よく知られた箇所で、高校の古典の教科書にも採録されています。
授業では、完全なものより、少し欠けたものを愛でる美意識…とかなんとか、説明いたします。

ただし教科書にあるのは、この章段の初めの部分だけなのです。

花は盛りに、月は隈なきをのみ見るものかは。雨にむかひて月を戀ひ、たれこめて春のゆくへ知らぬも、なほあはれに情ふかし。咲きぬべきほどの梢、散りしをれたる庭などこそ見どころおほけれ。歌の詞書(ことばがき)にも、「花見に罷りけるに、はやく散り過ぎにければ」とも、「さはることありて罷らで」なども書けるは、「花を見て」といへるに劣れる事かは。花の散り、月の傾くを慕ふ習ひはさる事なれど、殊に頑なる人ぞ、「この枝かの枝散りにけり。今は見所なし」などはいふめる。
(花は盛りだけ、月は欠けることの無い満月だけを見るものだろうか。雨に向かって見えない月を恋しく思い、閉じこもって春が去るのも分からずにいるのも、やはりしみじみと趣深いものである。今にも咲きそうな梢、散り萎れてしまった庭などこそ見所が多いものである。歌の詞書きにも、「花見に行ったが、すでに散ってしまっていたので」とも、「差し支えがあって行けなくて」などとも書いているのは、「花を見て」というのに劣るだろうか。花が散り、月が傾くのを慕う傾向はなるほどではあるが、特に頭の固い人は「この枝もあの枝も散ってしまった。今は見所はない。」など言うようである。)


面白いのはこの続き。

「男女の情(なさけ)も、偏に逢ひ見るをばいふものかは」
(男女の情も、ただ結び合うことばかりをいうものだろうか)

「男女の情」などとありますので、教科書には不向きなのでしょう。
「花の散り、月の傾くを慕ふ習ひ」は、実は、より切ない恋のありようにつながっていくのです。

結ばれなかった恋、果たされなかった約束、一人の夜、昔の恋の思い出
ああ、それこそ恋の神髄。


 萬の事も、始め終りこそをかしけれ。男女の情(なさけ)も、偏に逢ひ見るをばいふものかは。逢はでやみにし憂さを思ひ、あだなる契りをかこち、長き夜をひとり明し、遠き雲居を思ひやり、淺茅が宿に昔を忍ぶこそ、色好むとはいはめ。
(すべてのことも、初めと終わりが趣深いもの。男女の情も、ただ結び合うことばかりをいうものだろうか。逢わないままになってしまった辛さを思い、果たされなかった約束を恨み、長い夜を一人で明かして、遙か遠い所に思いを馳せ、草の生い茂る庭に昔を思い出すことこそ、恋の趣を愛すると言えるだろう。)


そしてまた、話は月を見るということに戻ってゆきます。
夜明け近くの青い月に心打たれる時、この良さを分かる友のことが否応なく思出されるせつなさ。

「心あらむ友もがなと、都こひしう覺ゆれ」
(良さを分かり合える友がいたらなあと、都が恋しく思われる)

「花はさかりに、月は隈なきをのみみるものかは」

この章は一面、せつない人恋の章段だと思うのです。

 望月の隈なきを、千里(ちさと)の外まで眺めたるよりも、曉近くなりて待ちいでたるが、いと心ぶかう、青みたる樣にて、深き山の杉の梢に見えたる木の間の影、うちしぐれたるむら雲がくれのほど、またなくあはれなり。椎柴・白樫などの濡れたるやうなる葉の上にきらめきたるこそ、身にしみて、心あらむ友もがなと、都こひしう覺ゆれ。
(満月が曇りなく照っていて、千里の彼方まで眺めているよりも、夜明け近くなってようやく待っていた月が出てきたのが、大層趣ある感じに、青味がかった様子で、深い山の杉の梢に見えている木の間の光や、雨が降ってきて雲に隠れた時など、これ以上ないほどしみじみしている。椎柴や白樫などの濡れたような葉の上に光っているのは、心に沁みて、この良さを分かり合える友がいたらなあと、都が恋しく思われるのである。)


「すべて、月・花をば、さのみ目にて見るものかは。春は家を立ち去らでも、月の夜は閨のうちながらも思へるこそ、いと頼もしう、をかしけれ。」
(おおよそ月や花は、目だけでみるものだろうか。春は家から出かけなくても、月の夜は寝室の中にいても思っているのこそ、とても確かで風情があるのである。)

明日は、満月です。


*この章段には、このあとも愉快な続きがあります。



[2012/04/06 23:32] 日記 | トラックバック(-) | CM(4)

ここ様ちょっと沁みてしまいましたよ。
もう逢うこともかなわない人、思いを果たせなかった人が心の中でゆれています。その思いを声に出すことも、文字に書き綴ることも叶わないならば、心の中で静かに思い出を育むしかありません。思いは静かに結晶してゆくようです。そんな心を花は慰めてくれるのでしょうか?



[2012/04/09 16:40] 杣人・somabito [ 編集 ]

Re: タイトルなし

杣人さん、こんばんは。

> 声に出すことも、文字に書き綴ることも叶わない
私には、このお言葉がとても心に沁みて、涙が出そうです。

御大切な思い出。
いつしか結晶して心の底に静かに沈んでいるお気持ちを慰めてくれるのは、きっと、満開の花ではないのでしょう。
散り始めた花びらが、結晶して沈んだ思い出の上に、音もなく積もってゆくものなのかも知れません。
コメントをありがとうございました。


[2012/04/09 21:27] ここ [ 編集 ]

切ないけれど、こころの真中に沁み入るような・・・
いま、渦中にて、揺らぎの微小を、素肌に受けて・・・
いま、ここ、この文字、つらなりに、こころたどり・・・

あ、おなまえが ***
素敵な素数、137 ここに・・・

数日まえ、NAGASAKIにて散るさくらを見ていました。
いつも、ここ、素敵な風、生きていますね♪
[2012/04/09 22:36] コスモスの夢 [ 編集 ]

Re: タイトルなし

コスモスの夢さん、こんにちは。

> 素敵な素数、137

百三十七段…137って素数だったんですね。気がつきませんでした。
私も素数ってなんとなく素敵だと思います。

>NAGASAKIにて散るさくら

やはり長崎には春も早く訪れるのですね。
このごろ、ちょっと長崎に魅了されております。
コメントありがとうございました。

[2012/04/10 14:18] ここ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する