今読んでいる本をやめて 

こんばんは。
部屋の前の川に、立派なカメラを持った人をよく見かけます。
カワセミが来るのだそうです。

電車の中で、買ったばかりの文庫本を読んでおりました。

中井久夫『「伝える」ことと「伝わる」こと』(ちくま文庫)

精神科医としてのお仕事についての、具体的な覚え書きです。

読みながら、すごいなあと感心いたします。
感心しながら、統合失調症の治療について読んでもなあと思います。

「今読んでいる本をやめて」

えっ?

買ったとき本に挟んであったしおりです。

えーっ。
売っておいて、そんなこと。

改めてしおりをよく見ると、

「今読んでいる本をやめても読んで欲しい日本人必読の書です。」

と書いてあったのでした。
それにしても。

窓の外は広々して、ところどころに緑。

明るくて、いい気持ちです。



え、その必読の書ですか?

網野善彦『日本の歴史をよみなおす』(ちくま文庫)

だそうです。


[2012/03/14 22:54] 日記 | トラックバック(-) | CM(4)

こんにちは。

中井久夫さん?
神戸の精神科の医師ではありませんか。
私が東日本大震災を忘れないようにしようと、
バナーを考えるときに大変共感し、そのまま頂いた言葉のお書きになった方だと思いますが。

『「伝える」ことと「伝わる」こと』
そういう文庫本が出ているのですか。
バナーを作っておいて、全く知らなかったなんて・・・(恥。

[2012/03/15 17:54] NANTEI [ 編集 ]

中井久夫

NANTEIさん、こんにちは。

そうです。その中井久夫さんです。
NANTEIさんのバナーが中井久夫さんであることは、初めから気がついておりました。御本を集めていらっしゃるのでしょうか。
私は、大学生協の最近出た文庫本のコーナーにあったのでつい購入いたしました。教育に関しても文章を書いておられるのが素晴らしいものですので、何となくです。
この本は、ちくま文庫の「中井久夫コレクション」のうちの一つらしくて、あちらこちらに書かれた古い文章を集めたものでした。
NANTEIさんはきっとお詳しくていらっしゃるのですね。もしおすすめがおありでしたら、どうぞ教えて下さいませ。



[2012/03/15 18:50] ここ [ 編集 ]

先輩教師の方がお亡くなりになったそうで、
卒業期なの、にさぞ気をおとされたことでしょう。
そんな時に昨日の話を持ちだしてすみません。

結論から言いますと、恥ずかしながら中井久夫さんの著書、まだ一冊も読んでないのです。
あの言葉は「天声人語」で引用していたのを、使わせてもらったというだけのものです。
だったら中井先生の著書にも、もっと関心を寄せるべきでしょうけれども、そこがいい加減な私のこと。
そもそもの私は自慢じゃありませんが、読書量が極端に少ないのです。絵ばかり描いていたせいもありますが、活字は苦手でした。それがどうしたことか俳句を始めて、やっと本らしい本を読むようになったという人ですから、ご質問についてもお答えできないのは、当たり前でした。まことにすまないことです。


[2012/03/16 10:04] NANTEI [ 編集 ]

NANTEIさん、こんにちは。

ご丁寧にお返事を下さって、ありがとうございました。
俳句と絵を両方なさる方は多いような感じがいたします。共通の感性があるのでしょうか。うらやましいです。
今卒業式がおわったとこころです。少し華やいだ気持ちでおります。
[2012/03/16 14:24] - [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する