避難訓練 

こんばんは。
初夏ですね。
今朝、白い半袖シャツの一群とすれ違いました。

今日、夫の学校では、避難訓練があったそうです。
夫は、他の方と5人、消火器を持って駆けつける係。

火元は家庭科室です。

すわ、重い消火器を持って駆けつけてみると…。

なんと家庭科室は、鍵が閉まっていて、消火できず。
茫然と立ちつくす5人。

夫「こら。燃えると分かっとるところの鍵くらい開けとかんかい。」


夫(偉そうに)「ところで、みんな集まるのが遅すぎる。」
 
スズキ先生は5階の国語準備室の消火器、ゴン先生は、別棟の社会科準備室からです。
無理もありません。

娘「パパはどうしたの?」
夫「家庭科室前の消火器は、私のモンだから触るなとみんなに言っておいた。はっはっは。」


夫「火事は初期消火が大切ぞ。
 2分以内!
 ゴンは4分もかかっとる。
 
 私?、私は2分前には来ていた。  」


[2011/05/21 00:19] 日記 | トラックバック(-) | CM(4)

ご主人様のところは避難訓練でしたか
私は避難訓練で怖い思いをした経験があります
中学生の時に転校したのですが
転向した日が訓練の日だったんです
でもそんなこと知りませんでしたので
突然なった警報にもう心臓も、膝もガタガタ、ブルブルでした。
避難している途中で
(どうしてみんなそんなに落ち着いていられるの?」と問うたら、避難訓練だも~ンって・・

実際にはこんな気もちになるのだなと
思わぬところで訓練できました(汗;
[2011/05/21 21:42] - [ 編集 ]

こんばんは。

コメントありがとうございます。
たいへんな「訓練」でしたね。
何ごとも、その立場にならないと、同じ気持ちにはなれませんよね。すごい体験でしたね。

中学生になられてからの転校、すぐにお友だち出来ましたか?大変だったのでは?
[2011/05/22 23:09] ここ [ 編集 ]

ここ様、こんにちは。今、ある本を読んでいたら、ふとここ様の処におじゃましたくなって、来てしまいました。
なんのことは無いのです。

避難訓練。私には訓練の記憶が無いのですが、小学生4年生の時もうすぐお昼になるという授業中に地震が発生し校庭に避難したことを覚えています。生徒が集められる中、同級生二人の姿が見えなく、男性と女性の先生二人が校舎に戻って行ったのが記録映画を見るように確りと思い出すことが出来るのです。

ここ様、お元気ですか?
「ある本」の話。ちょっと書けそうな気がしています。

[2011/05/25 09:38] 杣人 [ 編集 ]

杣人さん、こんばんは。

ご心配くださってありがとうございます。
気はそぞろですけれど、結構元気で過ごしております。

地震の時に、校舎に入られた先生方のことを、じっと見ている少年の杣人さんが強くイメージに浮かびました。

同僚の教員にもいろんな人がいて、いやなヤツとか、くだらないヤツとか、でもこのお話をうかがった時、無意識の心の底で、彼らを含め、同僚の誰でもが、そんな時には迷わず校舎に戻るだろうと信じていたような気がいたしました。
それは過去の思い出話では決してなくて、杣人さんのお話のおかげさまで彼らのことを思い出し、今初めてそう思うことができたのだと思います。
そのことを嬉しく思いました。
ありがとうございました。

「ある本」のお話、楽しみに気長に、待ってます。
[2011/05/26 00:08] ここ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する