暮らし 

おはようございます。
桜が満開になりました。

ふと気づくと、去年の花はどうだっただろうかと考えていました。
おととしはどうだったでしょう。
娘が入学した年は?
初めてこの家に来た年は?

繰り返す花の季節と花の記憶。

一昨日、義父の17回忌の法事がありました。
集まった親戚の顔ぶれ。
人数も少し減って、少しずつ年老いて。
法要は、義父のいた頃が彷彿とされる時間となりました。

昔ながらの長いお経。和讃。山の話。田舎料理。
山深い里には、まだ花の便りは遠くて、庭には梅が咲いておりました。

そうそう、梅が咲いてた。
繰り返す季節と記憶。

このごろ、嬉しいことも悲しいことも、以前そういうことがあったなあ、と思うようになりました。
周期を変え、組み合わせを変えて現れる、ちいさな繰り返し。
暮らしとは、繰らしということであったか。


[2007/04/02 08:58] 日記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://coco104.blog91.fc2.com/tb.php/66-8b1e5234