並木道 

こんにちは。
寒いですね。

昨日は、娘の受験日でした。
二人で新幹線に乗って行きました。
実家に一泊しての受験です。

駅のホームは寒かったけれど、新幹線の中はあったかでした。
駅で買ったクロワッサンとワッフルをそれぞれ食べました。

夕食は、母の心づくしでした。
やっぱり母のお料理は、私の普段のお料理とは全然違って繊細です。
父と母が、スーパーやお店を何カ所か回って食材を買った時のことを、楽しそうに話してくれました。
あとは、甥っ子が小学生の駅伝大会に出た時の話とか、両親が若い頃お世話になった方の思い出話も。

当日の朝は、雲一つない青い空、いいお天気です。
娘は筋金入りの雨女、晴れてるなんておかしいねえってみんなで笑いました。

会場には、父が車で連れて行ってくれました。
あらかじめ、道順を下見しておいてくれたようでした。

小さな田舎の私立学校です。
小さな寮があります。
来年度から、母親の私が、週の半分は仕事ででかけることになって、この学校が選択肢に。

母親が毎日家にいないってどういうことかなとか、寮で暮らすってどういうことかなとか。
もう、半年くらい前からずっと、どうどう巡りのように考え続けています。
新幹線の中でもまだ考えていました。
山間地のため、高校から家を出ていたパパは、案外平気そうです。
でも、女の子だし…。
結局参考になるのは、自分たちの経験だけなのだと思います。

娘は、もう一校、近所の公立高校を受験する予定です。
どちらも行きたいと心から思うよい学校です。
親子共々、どっちに行くことになってもいいと思っています。

受かってから考えよう!が合い言葉になってしまったのん気な我が家。

県外の高校をたった一人で受験する娘は、これといった屈託もなく、試験場となった校舎の中に入っていきました。

帰り際、正門までの道が、大きな樹の並木道になっているのに気がつきました。


*こんなに悩んだこと、もうしばらくしたら笑い話になって、あとはすっかり忘れてしまうかもしれません。だから、書いておこうかなと思いました。




[2011/01/15 11:38] 日記 | トラックバック(-) | CM(4)

こんにちは。

そういえば、受験の季節なのですねえ。
私の娘の高校受験のころの記憶は、だいぶ遠くなってしまいました。しかも放任に近い、教育不熱心の親だったもので(汗)。なんか勝手に願書を出して、勝手に受けていたみたいで・・・(ははは)。そうしてまるで無責任な育て方をしておきながら、結婚の話になると将来性のある男なのかあ?!そいつは!などと急に小市民的なことを喚いたりして「最低!!」などと罵声を浴びていました。今は・・・まあ幸せならいいじゃないか、などと諦観にも似た気持ちで、娘夫婦を迎えています。ああ、つまらない私ごとになってしまいました。
そうそう、俳句の嗜み、なかなかのものと読ませていただきました。キトリちゃんにもよろしく。

[2011/01/15 18:42] 南亭雑記 NANTEI [ 編集 ]

ただそばにいるだけで

NNTEIさん、こんばんは

お嬢様、お幸せそうで、いいですね。
お近くにいらっしゃるご様子、何よりの親孝行だなって思います。

何より、幸せになるにはどうすればいいかっていう、言葉にならない部分を伝えることが、親の一番の仕事だろうと思うのです。
そのためには、やっぱり高校生くらいの間は、一緒にいたいなって思ったり、いろいろです。

俳句、NANTEIさんに見ていただきたくて、珍しく作ってみました。
なかなか会心の作とはいきませんね。
[2011/01/15 23:09] ここ [ 編集 ]

お嬢様、お受験でしたか。
寮のあるところなのですね。
私は自分では憧れていました。
でも、娘には出来ないと思いました
そう言う自分も家からバスで行かれるほどのところにある大学に行きました
お嬢様、どちらに行かれるのでしょうね
良い結果が出ますようにんお祈りしています
ここさんは週の半分お仕事で出られるようになるのですか?
お体大切に

[2011/01/16 17:46] Hulaさん [ 編集 ]

Hulaさん、こんばんは。

コメントありがとうございます。
今回の私学は、みんなでオープンスクールに行ってみて、とっても気に入ってという経緯でした。
その上初めは私の両親の家からという考えもあったのですが、だんだん寮もいいかも、ということに。
深く考えず決めてしまった私の就職も含め、こうしてみると、流されてますね。
本当に、これから先が全然見えないという状況です。
ちゃんとした方は、こんなことにはならないのだろうと思うことしきりです(笑)
[2011/01/16 21:39] ここ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する