自転車に乗って 

おはようございます。
彼岸花の花盛りです。

娘が、自転車を買いました。
お盆におばあちゃま達からいただいたお小遣いと、足りない分は親が補っての購入です。

近所の小さい自転車屋さんで購入ですから、カタログを見て注文でした。
その自転車が、昨日我が家にやって来ました。

アイボリーの車体、今どきの、ちょっとおしゃれなスタイルの自転車です。
今までのピンクの子ども自転車があったところに、今度はこの自転車を置きます。

新しい自転車。
娘の自転車なのに、私も夫も、何だか嬉しくなって、ちょっとだけ乗ってみました。

私も今まで、こうして自転車を買ってもらって来たんだなあって思います。

一番初めは、16インチの赤い自転車。
小学校一年生の頃でしたでしょうか。
父に乗り方を教えてもらいました。
その時の情景、父の大きな声、今でもはっきり覚えています。

同じ頃、近所のお友達もいっせいに自転車を買って、ある日、みんなで写真を撮ろうということになりました。

私の赤い自転車は、しっかり足が届かないと危ないからというので、お友達のに比べると小さい自転車でした。
私と来たら、買ってもらったときは大喜びだったのに、自転車がみんなより小さいのが、何だか恥ずかしい気がして、
じらを言って(方言ですね)みんなを困らせたあげく、結局お友達の大きな青い自転車にまたがって、写真に写っています。
まだ、写真が、一枚一枚大事な時代でした。

私は、だめな子だったのだなあと思います。
きっと今だって大して成長していません。
自分から代わってあげるって申し出て、自転車を交換してくれたしほみちゃん、今はどうしているでしょう。
きっと、賢くて優しい、素敵な大人になっていると思います。

あの赤い自転車が、私の身体にしっかり合っていたおかげだと思います。
お転婆小学生の私は、草むらも、どぶ川そばの小さい道も、どんなところだって自転車で出かけて、いつも得意満面でした。

そのまま中学生になって、祖母の家に住んだときも、炭坑町の広い広い道を、どこまでも自転車で行きました。
町までも、無人駅のある浜までも、クラスの不良の男の子が住んでいた港までも。
あの時も、自転車通学のために、自転車を買ってもらったのだと思います。

高校の時は駅まで、そして大学も、考えてみたらずっと自転車通学でした。
そのたびに、両親は、今の私たちのような気持ちで、自転車を買ってくれていたのでしょうか。

大学の時、とうとう自分で、当時は珍しい外国の絵はがきに出て来るようなスタイルの、青い自転車を買いました。
籐の籠がついていて、とてもお気に入りでした。
先生になったばかりの頃は、東京から持って帰ったその青い自転車に乗って、まっ赤な革の鞄を斜めに掛けて、川沿いの道を出勤していました。
頭の中は、毎日の授業のことでいっぱいでした。

母が、カーディガンの背中に、その自転車の模様を編み込んでくれました。
そのカーディガンを着て授業に行くと、黒板を書くとき背中の模様が見えて、生徒たちが、ざわざわっていたします。
そしたら生徒達に向かって、思いっきり自慢そうに、
私の自転車の絵なの。母が編んでくれたの。と言うのです。

自転車のことを思い出すと、普段は都合よく忘れている、情けない私のことが、一緒に次々と思い出されます。
転んだり、遅刻しそうだったり、笑われていたり、泣いてたり。

そういえば、思い出の中の自転車の車輪。
どれもみんな、紡ぎ車とおんなじかたち。

紡ぎ糸のように、思い出が、あとからあとから。




[2010/09/27 09:44] 日記 | トラックバック(-) | CM(6)

素敵

あぁ、良いお話だな。と、ほこっとした気持にひたっています。
ここ様、自転車との思い出がいっぱいなんですね。

私、自転車が大好きなんです。
自分の力でちょっと背伸びを可能にする自転車は
私の大切な友達で、タイヤを磨いたり、チェーンを綺麗にしたりも楽しくなります。

お嬢さんは新しい自転車でどんな風景を見つけるんでしょうね。想像すると自然と笑顔になります。
[2010/09/27 11:59] 杣人 [ 編集 ]

杣人さん、こんにちは。

今、私と杣人さん、たぶんコメント同時入力ですよー。杣人さんのところから帰ってきたら、コメントをいただいていましたから。実は前にもそんなことがあったのです。すごい!・・・と思いません?

杣人さんも、自転車派なのですね。きっととても大事になさっておられるのでしょう。私も自転車大好きです。娘も大事に乗ってくれたらいいなあと思いました。

[2010/09/27 14:07] ここ [ 編集 ]

ここさん、こんにちは
お嬢様の新しい自転車から、ここさんの
少女時代のお話が伺えて幸せな気持ちになりました。
よく覚えていらっしゃるのですね(笑顔)

私の自転車は古くて、赤いペンキを塗りなおしたものだったと記憶しています。
みんなが新しいのにちょっと恥ずかしかったです。
私は三人姉妹の末っ子なので、いつもお古でした。
初めて乗れた時は近くにまさきの木がある路地でした。
それだけは不思議とよく覚えています。

ここさんのお話を伺っているうちに、私も自転車が欲しくなりましたよ。
爽やかな秋の一日を自転車で遠出してみたいですね。

[2010/09/27 14:55] Hulaさん [ 編集 ]

Hulaさん、こんばんは。

3姉妹、いいですね。楽しそう。
赤いペンキの自転車、きっとどなたかが塗ってくださったのですね。
自転車が気持ちのいい季節になりました。
ご主人様とサイクリングも楽しそうですよ。
[2010/09/27 19:39] ここ [ 編集 ]

懐かしいな

ここさん 今日は
ひと雨降るごとに寒くなるこの頃です。
自転車といえば私も想い出が沢山ございます。中学、高校と自転車通学でした。特に高校は2台の自転車で通ったんですよ。
自宅から黒井駅まで。そこから電車に乗って篠山口駅まで。そこから自転車に乗って高校まで3年間通いました。自宅を6時半に出て高校に着くのは8時半でしたよ。もう自転車はこりごりだと思ってましたので、大学はバスで下宿先から通いました。

それがこの歳になって自転車に乗りたいと思うようになりました。いい自転車を買わないといけませんね。
[2010/09/29 13:10] 塾長 [ 編集 ]

塾長さん、こんばんは。

高校時代の自転車通学、大変だったのですね。がんばりやさんは、その当時からなのだなあと思いました。

そちらはとても美しいところだと思いますので、自転車も気持ちがいいことでしょう。高校当時のごほうびに、どうぞ高級自転車をお求め下さい。
[2010/09/29 19:22] ここ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する