九月 

こんにちは。
秋らしい青い空を背景に、酔芙蓉が咲いています。

七月に、素敵な葉書を送ってくれた友人から、また葉書が届きました。
嬉しいので、お知らせいたしますね。

「 九月になりました。
  お元気でいらっしゃいましたでせうか。

  一昨年の初秋 奥出雲の銅剣の出土した谷に行きました。
  銅剣の出土の岡の下は、蓮田になっていて、白い古代蓮が咲いていました。
  そこの資料館で蓮茶を飲み、赤米の土用の餅を食べました。

  蓮田を渡る風が涼しく、蓮茶もいゝ味でした。
  とても暑い日でしたが。
                          」

官製葉書に、蓮の植物画の切り抜きが貼ってあります。
細密画で、葉は葉脈の様子まで、実の鞘はくろぐろと、詳しく描かれています。
細密画は、描いた方の細部への集中力が伝わってくるような気がするので好きです。

それから、いつか行った彼女の家に、印刷の賢治の詩が、立派なものらしく掛けられていたのを思い出しました。

九月になりましたね。
お元気そうで何よりです。
私も元気にしています。

何もかもが、とても楽しく思われます。
これをまた、玄関の小さな書棚の上に飾ることにしました。







  

[2010/09/09 11:58] お友達 | トラックバック(-) | CM(4)

太古のロマン

ここ様、こんにちは。
お友達からの素敵なはがき。気持ちが通じ合うのでしょうね。そうゆうご友人をお持ちのここ様をちょっと羨ましく思います。

荒神谷から見る神名火山。古代蓮池は近年加えられたものですが雰囲気にとってもマッチしていますね。
荒神谷遺跡の特徴はなんといっても、見せる工夫がきちんと出来ていることでしょう。

こうゆう土地の小学生や中学生が「古事記」や「日本書記」を読んだなら、さぞや胸に響き、想像力をかきたてられるんだろうなと親や先生と一緒に歩きながらノートをとる子供たちを想像して嬉しがっています。

[2010/09/10 14:38] 杣人 [ 編集 ]

杣人さん、こんばんは。

このお友達は、今年卒寿です。10年以上前に初めて出会って以来、彼女のいろんな部分を尊敬しつつ、一方で女の子同士という感じがしています。大切なお友達です。

杣人さんは、荒神谷遺跡にいらしたのですね。外国も日本も、いろいろご存じで驚きます。私は、夫の里が比較的近いのに、まだ行ってないのでした。
あの辺りは、地名にも古事記や日本書紀や風土記などにその由来の見られるものが多いです。子どもたちも自然と古い時代に同じ場所で生きていた人に思いを馳せることになるのでしょう。
そういうことが、その土地の雰囲気を作っているのかもしれないと思いました。
[2010/09/10 20:18] ここ [ 編集 ]

ここさん、こんばんは

お友達からのお葉書、とても素敵ですね
そしてそれを大切にお玄関に飾られるここさんのお心がまた素敵です。
ここさんに、お手紙を出したくなりました(笑顔)
[2010/09/12 23:58] Hulaさん [ 編集 ]

Hulaさん、こんにちは。

Hulaさんはお手紙よく出される方ですか。きっと優しくてあったかいおなんでしょうね。インターネットも楽しいですけど、お手紙はやっぱり嬉しいものですね。
私は、絵はがきが多いです。
ところで、郵便局に置いてある無料のPR誌「モヨリノ」の巻末に、結構素敵な絵はがきがついているんですけどご存じでしたか。今回はかわいい感じのぶどうの絵でしたよ。
[2010/09/13 17:37] ここ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する