席がえ 

こんばんは。
家中の、どの窓からも、虫の声が聞こえています。

今日、娘のクラスでは、席替えがあったそうです。

ユナのとなりになったー。
なったんとまた一緒の班。
あとはねえ、藤井と、ヤマベと、石川さんが同じ班。

ん?前から3番目。
一番端の列だよ。

廊下側。
女子の方が多いから、女子同士隣で、男子列なんだよね。

んー、まあまあかな。


[2010/08/31 22:40] 日記 | トラックバック(-) | CM(12)

ここさん おはようさんどす。

席替えですか。

いつもワクワクしてましたよ。

何だかよくわからないけど、チエンジする

ことが楽しみだったようです。新鮮さを

求めていたんでしょうか。
[2010/09/02 07:15] 塾長 [ 編集 ]

塾長さん、おはようございます。

席替え、今考えたら、どうしてそこまでと思うほど重大事でしたし、意味もなく必死だったような気がします。
娘は、ちょっとクールなところがあって、重大なはずの席替えも、こんな感じでラクに捉えています。羨ましいところです。
[2010/09/02 08:17] ここ [ 編集 ]

席替えにドラマの予感?

先日TVを見ていたら、小学校の教室で机が扇型に並べられています。生徒数が少ないからなのでしょう。列や誰が隣という感じも薄れてくるのでしょうね。

私は席替えが苦手でした。それぞれの主張や思惑が透けて見える瞬間。仕切りの巧い子が妙にはしゃぐ姿…。
私にはどうでもいい事のように思えて、ちょっと他人事でした。

ごめんなさい、変なコメントです。

ここ様の「まあまあかな」という感想。
お話が生まれる予感・・・・
[2010/09/02 15:37] 杣人 [ 編集 ]

ここさんも、仙人さんも今晩は

まあまあかな:::よう意味がわからんわ。

お二人とも席替えで良い想い出がないのでしょうか。
[2010/09/02 19:42] 塾長 [ 編集 ]

杣人さん、こんばんは。

コメントありがとうございました。
大人になってしまうと、もう見えなくなってしまう席替えの時のいろいろな思い、私も娘の話で瞬間、ぼんやり思いだしたような気がしました。でも、杣人さんの中には、今も鮮明に残っているのですね。きっと他の子どもよりよく見えて繊細でもあられた少年杣人さんのお姿。ちょっと胸が酸っぱくなりました。

ところで、「まあまあかな」は、実は娘のセリフなんです。読み直してみると、はい。私の感想に見えますね。すみません。せっかく誉めて?いただいたのに、かなりざんねん。
[2010/09/02 19:52] ここ [ 編集 ]

塾長さん、もしかして、かわいい子の隣の席になれるかどうかばっかり考えてらしたでしょう。すぐわかりましたよ。

[2010/09/02 20:06] ここ [ 編集 ]

広がる翼!

ここ様、白ヤギ通信です。
そうでしたか、いやぁお恥ずかしい。
私は、ここ様がお嬢様のお話に出てくる同級生たちの様子をご存じで、相関図をイメージしながら、「まあまあかな」と感想を言われたと、想像しました。

お嬢様とクラスメイトのドラマの予感!
ちょっと勇み足でしたか?想像の翼が広がりすぎてしまいましたね。
[2010/09/02 20:38] 杣人 [ 編集 ]

ここさん、こんばんは
私は中学校の時の席がえをよ~く覚えていますよ
毎週列が移動するんです。
好きな男のが斜め後ろにいましてね。
でも、何週間かに一度、窓側と廊下側に分かれます。
その週がとってもつまらなかったのを、よく覚えています。
かと言って、お付き合いとかしたわけではないんですよ。
ただその子とおしゃべりができる事が嬉しかったです(笑)
春にクラス会をした、あの中学のクラスです。
今年は、接待が入っていると言う事で、その子は欠席でした。
うふふ・・この歳になっても、不思議とその子って言ってしまいますね
[2010/09/02 21:48] Hulaさん [ 編集 ]

杣人さん、塾長さん、分かりにくくてすみませんでした。次からもっとちゃんとわかるを目指します。どうぞよろしくご指導くださいませ。

[2010/09/02 23:27] ここ [ 編集 ]

Hulaさん、こんばんは。

Hulaさんは、好きな男の子と同じクラスでいらしたのですね。大切な思い出ですね。
娘も好きな男の子がいたりするのでしょうか。だとしたら、そんな素敵な思い出にしてほしいな。
中学校の同窓会って、とっても楽しそう。しかし考えてみたら、私は中学校の時の同窓会、行ったことないです。転校続きで、たぶん行方知れずになっていると思います。
[2010/09/02 23:36] ここ [ 編集 ]

ここさんも転校続きでいらしたのですね
我が家は転勤で子供達が・・・
小、中が中途半端で可哀そうに思います。

私も、この中学は卒業していないのですが、二度目のクラス会から、
名誉会員として呼んで頂いているんですよ(*^_^*)
そうそう、不思議なことにその担任の先生が、息子の高校の教師でもありました。
息子からは、平塚から自転車で来られる先生がいるんだよとは聞いていましたが、
PTAのお役の時に廊下でばったりお会いしてびっくりしました。
「まあ、先生、今日はどうしてここにいらしたのですか?」とお尋ねしてしまいました。
「どうして?って、僕はここの教師だよ」ということで、
いつも話題になっていた先生が実は親子でお世話になっているのを知りました。
息子があだ名で話すもので、まさかK先生だとは思いませんでした(笑)
とてもご縁のある先生なのですね。
K先生は、大学を卒業されて初めて赴任された時に小学校の私の担任でした。
私が大学を卒業した年に母が亡くなり、その時もいらして下さったり、
私の結婚式にもご出席いただいたり、ずっと御年賀状を出していた先生です。
今、クラス会の時にはK先生よりずっと年上に見えるクラスメートが何人もいます(笑)

あらあら…懐かしくて長々とおしゃべりしてしまいました。
[2010/09/03 12:57] Hulaさん [ 編集 ]

Hulaさん、こんばんは。

いいお話ですね。Hulaさんの周りには、いつも温かい空気が流れているのだなと思いました。一人一人がみんな大事にされていて、それから、他の場所よりのんびり時間が流れているような。K先生はそのせいでそれほどお年を召していらっしゃらないのでは。
卒業した学校って、いつまでも同じように、そこにあって、先生もずっといてくれるような気がしますよね。
[2010/09/04 00:01] ここ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する