登校日 

こんばんは。
今日も朝からよく晴れて暑い日でした。

8月6日は、毎年小中学校の登校日です。
制服を着た娘が、早い時間に出かけていきます。

見送りながら、このまま閃光が走り、娘と別れ別れになったらどうしようと、毎年思います。



八月の空の青さよ登校日  ここ
[2010/08/06 23:28] 日記 | トラックバック(-) | CM(8)

私が小学生のときの修学旅行先は、広島でした。
中学生のときの修学旅行先は、長崎でした。
いずれも、原爆資料館の見学が日程に入っていました。

誰が旅行先を決めたのかわかりませんが、
今になって、大変ありがたい選択だったんだなーと感じます。

私の子供がもう少し大きくなったら、
絶対に連れていかなければならない場所であり、
大人としての義務のような気がします。
[2010/08/07 10:28] akihito [ 編集 ]

akihitoさん、こんばんは。

ありがとうございます。
ヒロシマを代表して、お礼を申し上げます。
とは言っても、私は広島の出身でもなく、親族に被爆した者もありません。
それでも勤務先の学校の毎年の慰霊祭で、学徒動員中に生徒を失った教師の方、偶然生き残ってしまったという生徒の方に何度も接しているうちに、その言葉にならない深いお気持ちが、いつしか私にも伝わってきたように思います。
そういう自分の体験があるので、ヒロシマの物語は、この先もずっと広く伝わっていくものだと信じているのでした。
akihitoさんのお子さんは、きっとお父様と同じように深いお気持ちを持った方にご成長なさるれることと思いました。

ところで、この先いつかヒロシマにいらっしゃる時には、是非ご連絡下さいませね♪


[2010/08/07 23:25] ここ [ 編集 ]

こんにちは
そうでしたか。そんな思いで記念日の朝、お嬢様をお見送りされましたか。

そうですね。
65年まえの朝、行ってらっっしゃいのまま、お帰りなさい、
ただいまが言えなかった方々が沢山いらしたのですね。

私は小学生の時に学校で、被曝した少女が主人公の映画を見ました。
”千羽鶴”だったのではないかしら。
今でも、深くこころに残っているシーンがあります。
今は学校では映画上映とかはないんですか。

私も、広島、長崎両方とも、修学旅行で行きました。
当時はドームの中にもはいれました。
今年は当日、午後、ジムに行きましたら、
たまたまそこで空襲の体験した方と一緒になり、お話を聞く事が出来ました
今でも、飛行機の音を聞くと怖いと言われていました。
[2010/08/08 17:02] HULAさん [ 編集 ]

Hulaさん、こんばんは。

ありがとうございます。
毎年、どうしてもそう思うのでした。

市内に動員されていた多くは、中高生の年頃の子どもたちです。皆ほぼ全滅です。慰霊碑の多くは、校内でなく動員先にあります。出席番号順に子どもたちの名前が書かれています。

広島市内では、映画上映はあるかもしれませんが少ないです。実際にいろいろな場所に出かけたり、お話を聞いたりする活動が主です。
今、娘に聞いてみたら、資料をまとめたようなビデオは見たそうです。
[2010/08/08 22:35] ここ [ 編集 ]

こんばんは
実際に色々なな場所にでかけたり、お話を聞いたり・・
それは、戦争や原爆の怖ろしさを学んだり、考えたりする貴重な時間ですね
広島だけでなく全国でもなされると良いのにと思いますが・・
横浜などでは、どの程度、原爆投下の日の事を考える時間として持っているのでしょう。

[2010/08/11 01:04] Hulaさん [ 編集 ]

忘れ得ぬ記憶

ここ様、こんにちは。
私が育ったころは、街に傷痍軍人がハモニカを吹きながら物乞いのような事をしていたり、軍事基地であった函館山のあちらこちらに砲台の跡などがありました。

戦場から帰国した叔父が広島駅に着くと、駅構内はもちろん線路にも被爆した方たちが横たわり、声にならない訴えを発していたそうです。

義父は原爆の投下を目撃し、水を求める人たちが家に来たりしたそうです。
その母(祖母)は翌日広島に行き、体調を悪くして帰ってきました。
残留放射能に被爆したのではないかと家族は思っていますが、当時は何も分からないままでした。

以外と身近に体験者がいたことに私自身驚いています。

ルース駐日大使やパン・ギムン国連事務総長が式典に参加するなど、大きな節目を迎えた今年を大切に育てて行きたいですね。

変わりますが、
リンクに私のブログを載せていただき、有難うございました。ここ様の素敵な日本語が綴られた品の良いブログを前に、ちょっと恥ずかしいのですが、よろしくお付き合いください。
[2010/08/11 09:27] 杣人 [ 編集 ]

Hulaさん、こんにちは。
すっかり御無沙汰してしまいました。
Hulaさんのお宅では、きっと御家族の皆さまがお集まりになって楽しくお過ごしのことと存じます。

ところで横浜市は、全国でも数少ない「つくる会」の教科書採択の自治体ですね。平和教育も一般的なイメージのものと違うのかもしれませんね。


[2010/08/15 13:28] ここ [ 編集 ]

杣人さん、こんにちは。
すっかりご無沙汰いたしました。お返事が遅くなってしまってすみませんでした。
私は、杣人さんにうかがうまで、函館にも軍事基地があったこと存じませんでした。空襲と言えば、東京以西のイメージばかりでした。本当にこの国中が戦争をしていたのですねえ。
そして杣人さんの中の戦後の風景、ドラマ等には描かれることのないものですね。ハッといたしました。
お近い方に広島にかかわりがおありとのこと。私はこれまで、繰り返し聞く戦後の広島の風景を、本当に語り継いでいくことができるのだろうかと疑問を持ったりすることがありましたが、このたび、こうして聞いたことのある者同士がその経験を語り合うことで、力が増すことに気づかされました。それは少し希望の持てる体験でした。
ありがとうございました。

リンクのこと、勝手にリンクさせていただいて、お知らせも申し上げず、大変申し訳ありませんでした。
こちらこそどうぞよろしくお願いいたします。
[2010/08/15 13:48] ここ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する