先生 

こんにちは。
久しぶりの青い空です。

お元気ですか。
ご無沙汰しています。

こちらは、ずっと、雨続きでした。
降り続く激しい雨。
小さな川も大きな河も、どれも増水して、ごうごうと泥水を流し続けていましたし、
大雨警報が出て、学校からは、毎朝休校のお知らせ。
近くに避難勧告があったり。
もう、本当に、嵐の中の何日間かでした。

こうして晴れてみると、すっかり元とは違ってるような気がします。
あんまり雨が降ったので、何もかもが流れてしまったのだろうと思います。
雨の日々の向こう側に、終わってしまった物語が見えているような奇妙な感じ。
寝ころんで、小説なんか読んでいて、ふと気がついたら、もう夕方になっていた時みたいな。

娘が、しばらくピアノをお休みすることにいたしました。
ただ今中学3年生。
一応受験生なので、来春までのお休みです。

先日、お休みを迎える前の、最後のレッスンがありました。

予定通りなら、最終レッスンの日は6月の末のはずでしたが、
その日、先生の体調がお悪いということで、延期になっていたのでした。
幼い頃から通っていましたが、そんなことは初めてでした。
先生は、ご高齢ですし、少々心配。

その後まもなくよくなられて、改めてレッスンをというお電話をいただきました。
しばらく間があきましたし、私は電話口で、「ご挨拶にだけうかがいます。」と申し上げました。
でも、先生は、はっきりとした口調で、「いえ、レッスンにさせて下さい。」とおっしゃったのでした。

いつものように、先生と娘が、大きな外国製のグランドピアノの前に並んでいます。
先生は、いかにもこれで最後というふうに、娘にいろいろ話をして聞かせてくださっていました。
春までの、しばらくのお休みですのに。

先生は、記念にと、楽譜を一冊くださいました。
メンデルスゾーンの「無言歌」の曲集です。

うわあ。
先日の発表会で、このうちの一曲を見事に弾かれた方があったのを、娘も私も覚えていました。
いつか、この楽譜の中の曲を弾けるようになる日が来るのかなあ。

娘のピアノのレッスンは、何年もずっと、毎週1回、ほとんど欠かさずありました。
のんびり屋さんの娘。
一度も叱ったりなさることもなく、いつも見てるよ、いつも待ってるよって、そんな声が聞こえるような、あたたかいレッスンでした。


私たちは、いただいた本に、何か言葉を書いて下さるようにお願いしました。

先生は、ちょっと考える風をなさってから、新しい白い本に、向かわれました。
日付を入れようとなさったのでしょう、楽しそうなお声で、

今日は何日でしたか。

そして、楽譜をちょっと開いて、
ほら、この曲なら、今でも弾けますよ。

私は、退職を迷っていたとき、なぜか先生に相談しました。
それから、学位をいただいたご報告。
そして、この先、就職すべきかどうか迷ってるという話など。
いろいろ。
私ときたら、単なる付き添いの母親で、先生の弟子でもなんでもありませんのに、変なお母さんです。

娘も私も、先生にお目にかかれたことで、どんなに良かったか知れません。
ピアノが上手になったとか、そういうことではなくて、ただ、先生に毎週お目にかかれたこと。

帰り際、先生がすっと手を差し出されました。
娘と握手です。

先生、私も!

最後まで母親らしくない私。
先生の手は大きくてしっかりした手でした。

また、始めたくなったら、いつでもいらっしゃい。

私たちは、レッスン室のドアの前で、いつものように、並んでご挨拶をいたします。

ありがとうございました。

この先いろんな体験をしてゆくことになる娘の中に、ずっと続いていく、先生とのレッスンの時間。
先生、本当にありがとうございました。


「音楽を楽しむ 豊かな心を   2010年7月12日」






[2010/07/17 16:42] 日記 | トラックバック(-) | CM(6)

ご縁に感謝

ここ様、こんにちは。
大変な雨でしたね、お見舞い申し上げます。

お嬢様のレッスンお休み。先生ともしばらくお会いになれないのですね。
先生との出会いってご縁ですから、望んでかなうものではありませんね。気がつけばちゃんと先生がいてくださる。そして、自然と教えを示してくださっている。天の配材。

私は何年もたってから、「あぁあの時先生はこう教えてくださった。あぁ先生は初心者の私に全部教えてくださっていた」そう思い出して畏敬の念を今更ながら深くすることがあります。

お嬢様、レッスンはお休みでも、受験勉強の合間に先生とのやりとりを思い出して、勇気づけられることでしょうね。

素敵な出会いに感謝です!


[2010/07/17 22:29] 杣人・somabito [ 編集 ]

さくらさん、来春は受験なのですね
お稽古は暫くお休みでも、素晴らしい先生とのご縁はこの先もずっと続いて行きますね。


私がここさんのブログに初めてお邪魔した時に、なんて素敵な方、と思いました。
そして先生をされていると知って、ここさんの生徒さんは、幸せだなと思いました。
さくらさんの事も時々お話に出て、素敵なお嬢様、と思っています。
素晴らしいここさんとさくらさんだからこそ出会えたご縁なのですね。
今夜も素敵なお話をありがとうございました。
[2010/07/18 00:42] Hulaさん [ 編集 ]

杣人さん、こんにちは。

雨のお見舞いを下さり、ありがとうございました。

杣人さんがおっしゃる様に、どんな先生でも、先生が教えてくださったことって、随分あとになって、その本当の意味が分かってくることが多いのだろうと思います。
私は、娘の付き添いという立場にあったからこそ、この先生の素晴らしさに気がつけた部分もあったのかもしれないと思いました。
子育ては、決して親だけがするのでなくて、いろんな方に、親もろとも育てていただいているのだと実感して、ありがたいご縁に感謝するばかりです。

そして、このブログで、励ましてくださる皆さまとのご縁にも。ありがとうございます。


[2010/07/18 10:18] ここ [ 編集 ]

Hulaさん、こんにちは。

さくらのことまでおほめ下さってありがとうございます。とても喜ぶと思います。
私はご推察の通り、やぶれかぶれでトンチンカンです。なので、縁あって私の生徒となった皆さんや娘には、私のいいところを見て、それぞれのお役にたててくれたらなあと勝手に希望しています。
なかなか、そううまくはいかないらしく、さくらさんは、成績的には崖っぷちなのに、全く緊迫感のない受験生です。
両親が教員というのは、立身出世的野心世界の外で生活しているという点で、そういう意味での気合いが入りにくいのだろうと、端から気の毒にも思ったりです。どうなりますことやら。
[2010/07/18 10:26] ここ [ 編集 ]

毎日暑い日が続いていますね。
お元気ですか?
ボツボツ学校は夏休みでしょうか?
[2010/07/24 01:17] Hulaさん [ 編集 ]

Hulaさん、こんにちは。

コメントありがとうございました。
ニュースによると、関東地方もとっても暑そうですね。

さくらさんは、夏休みになりました。
しかし大学は、どこも7月末ギリギリまで授業があります。暑い中、喘ぎながら行っています。学生さんも大変です。
あと少しなので、がんばらなきゃです。
[2010/07/24 16:23] ここ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する