閉門 

こんばんは。
今日も雨になりました。
梅雨時って、案外好きです。
静かに力を蓄える期間っていう感じがするから。

近所の高校の裏門から入って、山に上がると、大きな楠の下にお地蔵様があります。
キトリを連れてお散歩がてらお参りして、その後は、家のある、山の向こう側へ下りて帰るのが、お散歩の一番楽しいコースです。

ところが、先日、その裏門に鍵がかかって、入れなくなりました。
以来、いつ見ても、門は閉まったままです。

広いその学校の敷地の裏側は、なんとなく境界のあいまいな一帯でした。
閉まってしまった裏門の、もう一つ奥にも門があって、そこから先ははっきり校内という雰囲気。
だから、この2つの門の間の部分は、曖昧地帯、生徒さんもいれば、地域の人もいるような、そういう場所でした。

桜の時期には、お花見。子供達の蝉とり。
生徒さんもよく挨拶してくれて、生物部の畑を見せてくれたり。
寮の給食のおばさんは、ゴールデンが大好きだそうで、キトリもよくなついています。

この高校の野球部が、いざ甲子園に出場するということにもなると、町内に寄付の募集が回ります。
なんと、2000円也。
ちょっとお高いでしょう。
それでも、どの家にも町内の班長さんが回ってこられますから、大抵寄付をいたします。
この町内会と来たら、応援バスを仕立てて甲子園までいっちゃうほどなのです。
ま、我が家も、いつもお散歩をさせてもらっているし、地域の学校だし、ご祝儀ご祝儀。

ところが先日、寄付金の収支報告とともに、お礼として、ネクタイピンが送られてきました。
いままでにないことです。
余ったのかなあ、寄付金。
学校や、生徒さんの勉強のために使ってくださったらよかったのに。

甲子園出場のためにいただいた寄付は、このように正しく使いました。
学校の敷地ですから、どなたも入らないでください。

野いばら、桑の木、合歓の木、栗、楽しいお散歩道は、厳しい柵の向こう側。
あれ以来、お地蔵様にもお目にかかっていません。

学校の敷地内で事故があると、世間が厳しく学校の責任を追求するのが最近の流行りですから、自衛策も仕方がありませんよね。
近所のお節介たちが応援なんてしなくても、学校は学校で、ちゃんと身を守る。

食卓に、安っぽいネクタイピンが乗ったままになっています。



[2010/06/15 23:58] 日記 | トラックバック(-) | CM(4)

ネクタイピン

ここさん おはようさんどす。
寄付金の収支報告書はわかりますが、安物のネクタイピンは余分じゃないのかしらね。

それよりも他の価値のあることに使っていただきたいものですよね。私も同感でちゅ。

せっかくのお散歩コースが閉鎖されて残念ですね。新たなお散歩コースをキトリと一緒にみつけましょうよ。ね
[2010/06/16 06:25] 塾長 [ 編集 ]

塾長さん、こんにちは。
この高校は、いろんな形で地域に融け込んでいて、イベントその他伝統的に工夫があるので、学校と地域との関係を築くという面で、とても良い例だと考えています。しかし、最近ではそれもなかなか難しくなってきているようです。ここに書いたほかにも、やや残念なことがありました。理事長さんが代わられたことも大きいのかも知れません。
[2010/06/16 15:06] ここ [ 編集 ]

ここさん、こんにちは
チョット御無沙汰でした

自然に生徒さんを見守る環境が消えてしまいましたね。
地域と良い関係を築いていたのに残念です
せっかくのお散歩コースも閉ざされ、生徒さんとの交流もなくなってしまいそうですね。

ネクタイピンはもったいないことでしたね。
少しでもお役に立てて頂いた方が寄付する側としては嬉しいですものね。

[2010/06/17 10:34] - [ 編集 ]

お忙しそうですね。お元気でいらっしゃいますでしょうか。すっかり暑くなってきました。

寄付は、寄付する方も受ける方も、どちらもいい気持ちになれるようにするには、ちょっとした工夫が必要なものなのかもしれないなあって、思ったりしたことでした。

[2010/06/17 15:01] ここ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する