泳ぐ女 

こんばんは
今日は少し、暖かでしたね。

あれ以来、水曜日の午後は泳ぎに行くと決めているので、休日の今日も、泳ぎに出かけました。
もう一人の自分が、こうして決めたとおりに行動する自分を、不思議な人のように眺めています。

混んでいると思ったプールは、いつもよりすいているくらいでした。
30代か40代のちゃんとした感じの男の人が、3,4人、無言で泳いでいました。

子供達はどこに行ったのでしょう。
他の家族連れは、どこに行ったのでしょう。お墓参りでしょうか。
母親たちは皆、この休日を子供と過ごしているに違いありません。

私は無言で、一般コースを泳いでいる、その見知らぬ男の人たちと、ぶつからないよう気をつけながら泳ぎます。
すれちがったり、あとさきになって進んだり。

昨夜、娘が熱を出して、今はもう下がったけれど、家で一人寝ています。
立派な母親なら、今日は家にいるはず。

平泳ぎ。
いいちい、にいいいって泳いだらいいみたい。
今までのリズム、違っていたんだ。わかった。
いいちい、にいいい。
今までより少し早く進む。うまくできるようになったみたい。

見知らぬ女が一人、一般コースを、無言で泳いでいます。





[2007/03/21 23:26] 日記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://coco104.blog91.fc2.com/tb.php/58-db3985e1