年越しに 

こんばんは。
夜になって、冷えてきました。
雪になるかもしれません。

いよいよ年の瀬ですね。
皆さん、年越しは、どのようなご予定でしょう。

私は毎年、夫の里で年を越します。
夫の里は、中国山地のとても雪深いところです。
毎年雪が積もっています。

里の外れの古いお宮にお参りする他には、これといった行事もありません。
雪の中、きっと昔からほとんど変わらない様子で、静かに新年を迎えます。

年が明けると、お年賀に親戚などを訪ねます。
こちらにも、お年賀のお客さまがみえます。
雪に閉ざされてしまう里での楽しみは、何と言ってもごちそうと話なのです。

驚くような話の一つや二つ、どの家にもあります。
そして誰もが話し上手です。

雪山で地震にあったときのこと。
乞食坊主が滞在のお礼に絵を残していったという話。
兎狩り。
後鳥羽院が隠岐にお渡りの折に、この家の前をお通りになった時のこと。

まるで見ていたかのように。

語り継ぐって、そういうことなのかもしれません。
話と一緒に、ずっと命も長らえてゆく。

年が明けたら、しんとした雪の中を出かけていきます。
去年も、その前も聞いた話を、今年もまた、聞くために。



今年も大変お世話になりました。
いつも、私を気にかけ、声をかけして励ましてくださったこと、本当にありがとうございました。
気がつけば、必要なときに、いつもちょうど現れて、声をかけて下さる不思議。
神様はそのようにして、皆が互いを助けるようにさせてくださっているのだろうかと思うこのごろです。

あなたに、本当の、深くて良い年が訪れますように。

雪の里から、心よりお祈り申し上げております。








[2009/12/30 01:05] 日記 | トラックバック(-) | CM(2)

ここさん おはようさんどす。

旦那様の故郷に帰られるですね。里山の生活は大変ですが今に
なるとほんとうにいいなぁと思うようになりました。

亡くなった母親の里が京都んんですが、ちょうど旦那様の故郷のローケションにぴったりのところです。お正月になると雪で外には一歩もでられないようなところです。道路まで出るのも大変でしたよ。

夏はすぐ下の川で泳いでました。山から湧き出る冷たい水でスイカを冷やしたりして食べましたね。

今でも工房の薪はそこから取り寄せています。自宅の後ろがすべて山んもんで。

そんなところで幼少時代を過ごしましたよ。自然と一体です。

塾長さん、今年は本当にお世話になりました。
お母様のお里、美しいところなのでしょうね。
こちらは昨夜からずっと雪が降っています。キシキシいうさらさらで硬い雪です。
静かな大晦日です。

どうぞよいお年をお迎えくださいませ。
[2009/12/31 18:51] ここ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する