リリィ 

おはようございます
いいお天気になりました。

おととい、テレビで寅さんを観ました。
「寅次郎ハイビスカスの花」です。

リリィさんが、何て綺麗なんでしょう。
私の眼は、あふれるほど魅力的なリリィさんにくぎ付けでした。

「男の世話になるなんて、まっぴらだよ」って言う。
歌を歌って稼いでる。

実は、若い頃この映画を観たとき、はすっぱなリリィを少しも綺麗だと思えなかったし、あまりいい感じがしませんでした。
そのあと、何年か前にも観たはずなのに、印象に残ってない。
でも、今度はちがいました。
そのかわり、前には何の不思議もなく観ていたことが、分からなくなっちゃった。

リリィさん、寅さんのどこがいいの?

寅さんがカタギじゃないこととか、稼ぎがないことはどうでもいい。
でも、寅さんたら、好きとも何とも言ってくれないじゃない。
積極的な意思表示も、行動も、特になし。
見返りを求めない優しさ?

それに、リリィさん、もう十分ひとりじゃないの。
それなのに、どうしても一人で生きることを選んじゃう。
結局、寅さんの優しさも、風が頬に当たるのを感じるように、ただそれを感じているだけ。
いろんなことは、もう十分なんだね。
寅さんなら違うかもって思わないんだね。

ただ、それだけでいいっていうこと。


[2007/03/18 10:21] 日記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://coco104.blog91.fc2.com/tb.php/53-b49639b9