幸せの黄色いハンカチ 

こんにちは
秋の午後、いかがお過ごしですか。

2004年、新潟中越地震を覚えていますか。
私は、すっかり忘れていました。

先日、お昼にぼんやりテレビを観ていましたら、
5年前の新潟中越地震の被害地、川口町が出ていました。

今、川口町のいたるところに、黄色いハンカチが飾られているのだそうです。
地震の時の援助に、感謝の気持ちを伝えるハンカチなのだそうです。

画面の中では、黄色いハンカチが、保育園にも、小学校にも、個人の家にも、役所にも、たくさんはためいていました。

地震は、川口町の人々にとっては、つらいことがあったり、生活が変わったり、つらい思い出のはずです。
今でも恨めしく思っていても、仕方ないはずなのに。
もう忘れたいことかもしれないのに。

それでも、感謝の気持ちを伝えようって思えること。
うまく伝わるように、分かるように、黄色いハンカチにして。

あの時何にもしなかった自分が切なくて、
それなのに温かくて、何だか励まされたような感じがして、胸がいっぱいになりました。

黄色いハンカチ。
幸せの作り方。



[2009/10/20 15:16] 日記 | トラックバック(-) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する