嫁菜 

こんばんは
台風のせいでしょうか、
今日の夕焼けの色は、いつもと少し違った美しさでした。

嫁菜、ご存じでしょうか。
薄紫の小菊のような花です。

とても好きな花です。
時々、ところどころ、そっと咲いているのを見かけます。
摘んで帰りたいところですが、残念ながらそれほど群生しているわけではありません。
だから、いつも摘まずにいます。

今日は、夕方遅くに散歩に出ました。
そうしたら、その嫁菜が、今日はいつもの散歩道に何だかたくさん咲いています。
あちらにも、その先にも。
少し進むと、また咲いているのです。

それはとても不思議な気がする光景でした。
今日に限って、こんなにたくさん見つかるなんて。
今まで見落としていたのでしょうか。

実は、こういうこと、時々あります。
その日に限って赤まんまがたくさんに見えるとか。
つゆ草の青色で一面の朝とか。

花だけではありません。
むかごがいくらでも見つかること。
春には、つくし、わらび。

チャンネルが合うというのでしょうか。
その日に限って、その花ばかりが目につくのです。

嫁菜の花は、黄昏時の、薄暗い山道のあちらこちらに、いつになくたくさん咲いていました。

人との出会いも同じかも知れないなあと思います。

すぐそばにいても、何時間一緒にいても、少しも見えていなくて、
そして、突然、その人に出会う。

山で花に出会うように。


[2009/10/08 22:58] 日記 | トラックバック(-) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する