金魚をすくう 

おはようございます。
降り続いた雨も小休止、昨日今日の曇り空です。

週末、夫の里に夏祭りに帰ってきました。
花火もあがって、夜店がでて、という小さなお祭りです。
お祭りのご馳走をたくさんいただいて、一息ついたらでかけます。

緩やかに曲がっている昔の道を、ゆっくり歩いてまいります。
娘の浴衣姿も何だか娘さんらしくなりました。
花火はいつものように、橋の欄干に並んで座って見ます。
今年は背中にあたる風がとても冷たく感じられました。

ところで、今回、懲りずにまたまた金魚すくい。
釣果ならぬ掬果、
私 1匹(赤いのだけ狙ってたから少ないのです)。
娘 4匹(黒3匹と赤一匹。赤の数なら私と同じ)。
今回こそ、堂々のすくった金魚です。
一匹も掬えなくて哀れだからもらえた金魚ではありません。

翌日、金魚5匹を、ビニール袋に入れたまま持って帰りました。
2時間強の車中、車の床に置くと振動でかわいそうなので、手に提げて持ちました。
案の定つらくなってきて、とうとうドアの取っ手に吊り下げました。

ところが、あと10分という辺りまで来たところで、急ブレーキの拍子にビニールごと落下。
金魚たちが車の床に散乱。
みんなじっと私の足元に横たわっています。
大変、金魚が死んじゃったっ。

私はとっさに金魚を手で拾い集めてビニールに。
手に持つと急に暴れ出す金魚さんたち。
生きてたのね。

すでに水はビニールの底の方にしか残ってなくて、少ない水の中に五匹がぎゅうぎゅう。
まだ生きてる。

帰ったら水道の水を一日汲み置いてと思っていましたが、そんな悠長なことを言ってられません。
さあどうする。

そうだ、水道水じゃなければいいんだ。
裏山まで山の水を取りに行こう。

金魚さんは今もわずかな水の中で身体を動かしています。
早くしなきゃ。

家についたらすぐにバケツを持って外へ。
おっと、どうやって水を汲もう。
そうだ、ペットボトル。
また家に戻って、ペットボトルを半分に切って手に持ちます。

事件大好きのキトリ、さっきから何だ何だとはしゃいでいます。
山は心細いので、娘とキトリが一緒に来てくれることに。
辺りはもう夕暮れで、その上雨がちらほら降っていました。

3人で坂を上ります。
田に農薬が入っていたらいけないので、棚田の切れる上までいかないと水は汲めません。
だんだん雨が激しく降り始めました。
バケツもあるし、近いので、つい傘を持たずに来てしまいました。

あっという間に雨が激しくなって、キトリが坂を上るのを嫌がり始めました。
娘が無理に引っ張っては進みます。
車が来ないところまで来たのでキトリを離したら、喜んで上がっていきました。

水はとても澄んでいました。
バケツはすぐにいっぱいに。
キトリが濡れて小さく見えます。
髪から水がしたたり落ちて、もう、何がなんやら。

手足の先までびっしょりのまま、汲んできた山の水に金魚を少しずつ慣らして、
今金魚は、金魚鉢の中で無事泳いでいます。

おかえりー。
大変だったねー。
夫がお風呂を入れて、にこにこと待っていてくれました。

そうそう、ずっと前、海水浴場ですごい砂嵐に巻き込まれた時も、
小鳥が蛇に食べられそうになった時も、
気がつくといつも夫は私の後ろでおろおろ。

私ですか。
またまた、突然、力と知恵が湧いてきて大活躍の自分に、お風呂の中でうっとりです。

金魚鉢は、このたび義母がお嫁に来る前からあったという古いのをもらってきました。
なかなか風情がある鉢です。

えさは、一昨年今は亡きウメとマツのために買ったのがまだたくさんあるから、落ち着いたらあげようと思いました。





[2009/07/28 10:46] 日記 | トラックバック(-) | CM(2)

いや~、大変でしたね。でも、ここさんの優しい気持ちが伝わって来ますね。だんなさんは、ここさんに守られて、感謝している筈ですよ。
だんなさんも、ここさんの後姿を見ているから、いざと為ったら、テキパキとこなす筈だと思いますよ。何やら女連に、口撃されている姿が、ほんの少し透視出来ますよ。
はい、私は経験者でありまする。だんなに優しくして遣って下さいね。
[2009/07/30 23:29] アガタ・リョウ [ 編集 ]

アガタ・リョウさん、こんにちは
ははは。
夫は、こういう時はいつも、また何か一人で一生懸命になってるぞ、という感じで、ちょっと距離を置いて涼しく(温かく?)見ています。
一山超えてちょっと落ち着くと、そういう涼しい夫に出会って、私もはっと我に返ります。あとは必死になりすぎの滑稽な自分を大笑いです。今回も家族で大笑いになりました。
口撃?そうですねえ、文句いう事もあるんですけど、そういうのも、ちっとも聞いてないみたいで、たいてい拍子抜けなんですよ。
アガタ・リョウさんは、きっと真面目に奥様のお話を聞いて差し上げる優しい旦那様でいらっしゃるのでしょう。奥様が羨ましいです。


[2009/07/31 17:46] ここ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する