すずめのお宿 

おはようございます。
朝から雨です。

窓のところに濡れたスズメがやってきました。
濡れているせいで、羽がぺったんこになっているからでしょう。
痩せて、哀れに見えます。

ごはんつぶをやることにしました。
置いておいたら、気がついて食べに来るかもしれません。

そしたら、お腹がすいて困っていたスズメを助けた私は、
すずめのお宿に招かれるかもしれません。

帰りには、例のおみやげです。

大きなつづらと小さなつづら、どちらでも好きな方をお持ち下さい。

助けたすずめにそう言われたら、
私はかなり真剣に考えようと思います。

だって、宝物が入ってるのはこっちのはず、という理由で小さいつづらを選んだら、
あの欲ばり婆さんと同じですもの。


[2009/07/17 09:21] 日記 | トラックバック(-) | CM(3)

実は最初は、一番最後のところを「欲ばり婆さん」でなくて、「隣の意地悪じいさん」としていたのですが、娘から、あれは自分ちのお婆さんだと指摘されたのでかえました。
そーだったんかあ。
[2009/07/19 21:53] ここ [ 編集 ]

こんにちは

確かに…
下心があってはだめということですね。
[2009/07/20 16:25] 空飛ぶミケ猫 [ 編集 ]

空飛ぶミケ猫さん、こんばんは
ふふふ。
もう最初っから最後まで、下心でいっぱいでございます。
[2009/07/20 23:27] ここ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する