春色のセーター 

こんばんは
今朝は、いっとき一面の雪化粧でした。
ようやく「冬」が来て、やっと何だか気が済んだような。

今日、バスの中で、素敵な女性を見かけました。
昼間のバスはすいていて、のんびりした気分でした。
ふと見ると、手編みらしいセーターの、柔らかいピンク色が、運転席のバックミラーに映っていました。
細かいゲージで、首元が模様編みになっていて、つやつやした糸の質感。
私は、しばらくセーターに見入った後、バックミラーの中のその人をしみじみ見たのでした。
初老といってよい年齢のその人は、上品で、ちょっとだけ厳しい感じのする人でした。
優しいピンク色が、色の白いその人にとても似合っていました。

たくさんの年月や、いろいろな出来事を経て、それから、
春の街に、春らしい色の手編みのセーターを着て出かけること。




[2007/03/09 00:54] 日記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://coco104.blog91.fc2.com/tb.php/46-b85fc71c