午後のお茶 

こんばんは
今日もいいお天気。
一日、鯉のぼりが元気に泳いでいました。

ゴールデン・ウイークが終わると暦はもう夏。
新鮮だったり、とまどったり迷ったりの春ももうすぐ終わりだなって思います。

昨日、久しぶりにお友達のdreamさんと会って、お茶をしました。
私はこの頃、この先どうしようかなって、考え込んでしまっていて、
そういう時は、とても彼女に会いたくなります。

お金のことはね、それ以上は考えなくてもいいと思うの。
あ、そっか。

窓のずっと向こう、雑木林に山藤が絡みついて咲いているのが見えます。
紅茶とワッフルのセットに、きれいな銀のスプンがついてきました。
近況報告とか、新しい手帳の見せっこ。

もし平凡に普通に子どもが大きくなったとしたら、それって実は、子育てをずいぶん頑張ったってことだよね。
そう言ってもらうと、何だか嬉しくて涙が出てきた。

dreamさんが大げさに涙ぐむマネをしておどけます。
彼女は、今でこそ忙しくお仕事しているけれど、ずっと専業主婦でした。

家庭にいるということの、言葉にできない意味や目に見えない力。
だけどきっと、家庭にいれば分かるというわけでもない、なにかそういうもの。
私たちはたぶん、一方で、たわいのないおしゃべりを続けながら、
それが口に出しにくいほどの力だということを知っている、というそのことを、黙って交換していました。

時間がたつと、自然に答えが出ると思うよ。
第六感。
理由は分からなくても、答えは出るから大丈夫。

そういう、答えとも言えない答えを聞いて、
私は、ああ、話してよかったなって思います。

帰り際に彼女がふっと言ったこと。

私ね、今度生まれ変わったら絶対お医者さんになりたい。

え、お医者さん?

その言葉は、とても意外でした。
それなのに、私の心の中の深い部分が納得してる。

英語が堪能で、美しいdreamさん。
生まれ変わらなければ叶えられない願い。

家に帰ってから、お気に入りのスカートの上に、さっきのワッフルの赤いブルーベリーソースがついてしまっているのを見つけました。
あ~あ。

取り返しのつかないたくさんのこと。





[2009/04/30 00:53] 日記 | トラックバック(-) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する