気に入ってくれるかな 

こんばんは
木の根元や畑の横に、諸葛菜が少しずつ咲いています。

娘の体操服袋が、ようやくでき上がりました。
娘の好きなピンク色の無地の布に、娘のイニシャルを刺繍しました。
イニシャルを、小花と葉っぱでくるりと囲んだ、素敵な図案です。
娘は、刺しあがったのを見て、袋に出来あがる前から喜んでくれました。

薄い生地でしたので、裏地をつけました。

裏地には、濃いピンク色に小花模様のかわいい布が用意してあったのですけれど、
娘の希望を入れて、明るいピンク色の小さな水玉模様の布に。

思っていたより、随分明るい雰囲気になりました。
きっと気に入ってくれると思います。
 090310_0853~0001



思えば、娘が保育園の時に作ってあげたおけいこ袋。
すごい力作でした。

お気に入りの絵本の絵を、刺繍とアップリケしたのです。
『3びきのくま』
並んで歩く3びきのくまや、森の絵がとても個性的で、私も娘も大好きな絵本でした。

お父さんぐま、お母さんぐま、小ぐまの3びきが暮らす家に、女の子が入り込みます。
留守の家で女の子は、小ぐまのスープを飲んでしまって、小ぐまの椅子で遊んでこわし、小ぐまのベッドで眠ってしまいます。
最後は、小ぐまが気がつきますが、女の子はにげちゃうというお話。

どのページの絵も、とても素敵でした。
どの部分を手提げにするか、随分悩んだのを覚えています。

アップリケのまわりは、絵本のとおり、きれいな木の実や枝を刺繍しました。
出来上がりにも、とても満足しました。

でも、娘はその手提げ、あんまり気に入ってくれませんでした。
すごく頑張って作ったのに、どうしてなのか、わかりませんでした。

今、その手提げを見ると、どうして気に入ってくれなかったのか、すぐに分かります。

アップリケの絵は、壊れたゆり椅子。
裏がわには、小さく、空になった青いスープ皿とスプーン。

くまたちも、おんなのこも、森に行ったっきりなのでした。



[2009/03/09 22:10] 日記 | トラックバック(-) | CM(4)

母親の愛情の濃やかさに、改めて感じ入りました。
最後のシュールな感じも素敵です。

西森憲司さん、こんばんは
ありがとうございます。
実はこの体操服袋、去年の春の入学の時に、作ってあげるね、などとうっかり約束、一年遅れの完成なのです。
保育園の頃に比べると、子どもの気持ちに添おうとしてるぞ、よしよし、なんて自己満足している、あてにならないお母さんです。


[2009/03/10 21:34] ここ [ 編集 ]

幸せな風景ですね。

セールスの方も一人の人間、と、真面目に応対なさるここさん。
大きくなっても娘は娘、と、お祝いのお洋服を買ってくださるお母様。
娘のためにちくちく一針一針刺繍をなさるここさん。
みな、なんて幸せな風景なのでしょう!
ここさんのブログは、冬でもいつも春の日ざしの中にいるような気持ちにさせてくれます。
諸葛菜の花、私も大好きなのですが、名前が…。
花大根、とか諸葛菜とか、どうも即物的で可哀想な名前ばかりですね。
オオアラセイトウ、という名もあります。
昔、英文学を専攻していた頃、ニオイアラセイトウという植物がよく出てきて、
すてきだなあ、どんな植物かなあ、と憧れていたことがありましたので、これでもいいんですが、どうも西洋的すぎて、諸葛菜の日本の空き地植物的な風情には合わない。
いったいどの名で呼んだらいいのでしょう。ここさん、教えてください(笑)。

[2009/03/13 13:03] 沈丁花さん [ 編集 ]

沈丁花さん、こんばんは
諸葛菜、「むらさきはなな」という名前を聞いたことがありますが、かわいらし過ぎますでしょうか?
実際はとてもかわいいのに、似合わない名前がついてるお花って、案外あるものですね。
一生懸命生活してるけど、社会的にはさほど報われない状況にあったりする私達と、どこか似ているかもと思ったり。
[2009/03/13 20:31] ここ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する