大切なのは気持ち 

お友達のねずみさんは、雰囲気がちょっと宮沢りえみたいな、可憐な女性です。
彼女の澄んだ美しさを作っているのは、たとえば自分が関わるいろんなことを、どうしても曖昧なままにできない、そういうところかな、と思います。

ねずみさんにはあこがれの人がいます。
大学院時代の先生です。
ねずみさんと先生のおつきあいは、先生の著書を読んでの感想(たぶんとても誠実な)をお伝えしたり、実践協力とか、そういう交流です。

先生は時折、あの映画がよかったよとか、本とか、音楽とか、そういうお話もして下さるそうです。
ねずみさんは、その音楽に熱心に耳を傾け、映画を見、本を読みます。
先生とお話したあとしばらく、明るすぎるくらい明るくなっちゃうねずみさん。

先生、思わせぶりなことしないで!
ねずみさんは独身、先生は結婚されています。
ただでさえ傷つきやすいねずみさん。
実は私は、ちょっとだけ嫌な気がしていたのでした。

でも、今日急に気がついたのです。

ねずみさんと先生の間の、ささやかに静かに通い合う気持ち。

恋愛かどうか決める必要もない、結婚してるかどうかなんて、少しも関係ない。
説明はできないけど、そういう気持ちそのものの大切さ。

この先どうするつもりとか、結果とか、形とか、そういうことばかり気にしてたんだな、私って。
ねずみさんに言わせれば、先生は、教え子として彼女に接しておられるとのこと。
でもそんなこと、どうでもいいことだったんだね、ねずみさん。

今までいろいろ言ってごめんね。




[2007/01/26 20:41] お友達 | TB(0) | CM(2)

こんばんは。ねずみです。
ここさん、ありがとうございます。
ここさんの文章を読んで、泣いてしまいました。
こんな危なっかしい私の心を、いつも
やさしく見守ってくださっているここさんに、心から感謝いたします。
先生は、あくまでも私の大切な恩師。そしてまた、精神的危機から私を何度も救ってくださった、命の恩人でもある方です。たとえ先生が私のことをお忘れになっても、私は生涯、先生を敬愛し続けるでしょう。

[2007/02/03 21:24] ねずみ [ 編集 ]

ねずみさん、こんばんは
ねずみさん自身が、この場にコメントをくださったこと、とても嬉しいです。こんなこと、書いてもいいかな、ってとても心配でしたから。
ねずみさんの先生、素敵な方ですよね。私はそんな方に優しくしていただけるねずみさんが、内心とてもうらやましいのだと思います。
だから、感謝される資格はまったくないんです。
でもだからこそ、ねずみさんの気持ち、すごく応援しています。
また是非一緒に飲みましょうね。
ありがとうございました。
[2007/02/03 22:43] ここ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://coco104.blog91.fc2.com/tb.php/4-5a57c8af