蛇の道は 

こんばんは
本当に夕暮れの早いこのごろです。

この辺りはとても長閑な所ですが、どんなところにも悪いヤツはいるものです。
時に許せない話を耳にいたします。
被害のあったお宅では、たいがい泣き寝入り。

実は私も一昨年被害に遭いました。
前の空き地に混合のお花の種を蒔いて、きれいに咲いたところを、めちゃめちゃにされたのです。
あれから意気消沈して、もう空き地に花の種を蒔くのはやめました。

今年、近所で、6畳ほどの広さの畠にあぜを組んで、田に戻し、米作りに挑戦された方がありました。
みんな心の中で応援して見守っていました。
ささやかな青田に、小さな赤い鯉も泳いで、なかなか美しいものでした。

ここでさかなをとってはいけません。

間もなくそういう立て札が立ちました。
つぎに、綱が張られ、やがてすべてを覆う網が張られました。

ゲートボール場にも、

ここに無断で入って遊んではいけません。

でも、間もなくそれは、
「ここに入って遊んだ者は、罰金です」に変わりました。

悪いやつらはたいがい徒党を組んで活動するものです。
逃げ足も速く、狡猾です。
乗り物は、自転車か、片足で漕ぐスクーターです。
坂道ですから、スピード十分です。

二階の窓からおしっこをしていただの、えらく遠くで見かけただの。
この間は、夏でもないのに、頭からびしょびしょになって水のかけっこをしておりました。

先週、夕方暗くなる頃、その中の一人が家の前の空き地に座っていました。

どうしたの。家に入れないの。
ううん。

なんとなく哀れでしたが、それきりになりました。

すっかり暮れてから夫が帰ってきて第一声。

何人か集まって、空き地にスコップで大きな穴を掘ってるぞ。

ふうん、一人じゃなかったんだな。
私は何とも思いませんでしたが、夫は夜更けになって、その場所を見に行ったようです。
そして意気揚々、鼻息も荒く帰ってきました。

やっぱり思った通り。
つぶしてきてやった。

落とし穴だったのだそうです。
人がよく犬のお布散歩などに来られる空き地です。
誰か落ちていたら大変なところでした。

それにしても、よく気がついたね。


[2008/12/14 01:43] 日記 | トラックバック(-) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する