朝の仕事 

こんにちは
いいお天気です。
山の稜線の松の木が、一列に並んで、今日は特に愉快そうに見えています。

朝、障子やカーテンを開けて、それから窓を開けます。
それから明るくなった家の中を見渡していると、すっと風が入ってきます。
そのときたいてい、あ、幸せが入って来たなっていう気がします。

娘の部屋は、洋間のせいか、特にそんな気がする部屋です。
お休みの日には、娘の枕元のカーテンを開けながら、母親の私は、まだ寝ている娘に向かって、この幸せになる秘密の方法を伝授します。

こうしてね、窓を開けるとね、幸せが入って来るんだよ。

それなのに、毎朝娘は大急ぎ、しょっちゅうカーテンも閉まったままです。
せっかく教えてあげてるのに。

この部屋は、前からある本棚がそのままになってて、娘のものではない本が壁を覆っています。
それで、ちょっと申し訳ないなと思っています。

娘が学校に出かけた後、私は一人、2階の角にある、本がいっぱいのこの部屋に入って、カーテンを開けて、それから窓を開けます。
そしたらさっと部屋が明るくなって、本当に気持ちのいい部屋になります。

ほら、幸せが入って来ました。

ほぼ毎朝、私は娘の部屋の窓を開けます。
今日もそうしました。

もうおおきくなったので、あんまりなにもしてあげられないけど、
お母さんの私の、毎朝の小さなお祈りです。



[2008/10/28 15:01] 日記 | トラックバック(-) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する