道に迷う 

こんにちは
夕方になりました。
日陰になった畑で仕事をしている人が見えています。

道に迷ったことありますか。
私はあります。
子供の時から、知らない道を見つけると、どこへ出るのか、行ってみるのが好きでしたから。

そういう時は、大体見当をつけて、あの辺りに出るに違いないって思って進んでゆきます。
ちょっぴり楽しい冒険です。

迷ってしまう時は、実は少し前から、思わぬ方へ進んでいるのだけれど、しばらくは気がついていません。
そのうち、はっと、迷ったなって気がつきます。
そうすると、今まで来たところも、今いるところも、急に全部がとてもよそよそしく思えてくるのです。

そこで、「あ、迷った」って思う瞬間はいつ来るのか、考えてみました。

1.どちらに進めばよいのかわからない分かれ道に出た。
2.見たことのない新しい道に出た。
3.今歩いている道が、実はよく知らない道だということに気がついた。

それから、今の私は、このうちのどれかな、って考えてみました。

うーん、全部あてはまる気がする。

その後どうするか。

大抵の場合、誰でも、試しにもうしばらく進んでみるのではないかな。




[2008/08/31 17:10] 日記 | トラックバック(-) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する