花火 

こんばんは
雷と夕立のあとの山々が遠くまで見えています。
久しぶりの雨でした。

週末、夫の里のお祭りに帰ってきました。
山間部の小さな町の小さな夏祭りですが、毎年花火が上がります。

ところどころに出る夜店は、おまんじゅうとか、金魚すくいとか、ヨーヨーです。
商工会青年部がやっているかき氷とやきとりもあります。
広場では名も知らない若い演歌歌手の女の人が来て歌っています。
かわいい人だかりはおもちゃ屋さん。
本屋さんやおもちゃ屋さんのないこの町の夜を、裸電球が煌々と照らしていて、夢のお城のようです。

花火が始まりました。

町のあちこちで、みんなそれぞれ花火を見ています。
道に立ち止まって、二階から、家の前に椅子を出して。

私たちは毎年、橋の途中に座って見ます。
今年も急いで橋まで行って、並んで腰かけました。

大きいのが上がるたび、あちこちでわあ~っと歓声が上がります。
きれい~とか、大きかったねとか、 赤だったねとか。

山あいの小さな町に、花火は思いの他たくさん上がります。
流れ落ちるのや、めいめいの方向へ散ってゆくのもあります。
いつのまにか誰も何も言わなくなって、私は、離れている人のこととか、昔のことを思い出していました。

やがて大きな花火が一度にたくさん続けて上がって、なぜか誰にもこれで終わりだなあって分かります。

一瞬の静けさと闇。
みな黙ったまま、それぞれ立ち上がって、歩き始めました。

今年の花火も、とてもきれいでした。


[2008/07/28 20:47] 日記 | TB(0) | CM(2)

花火

花火のお話しを読みながら、確か去年も
花火のブログを読ませて頂いた事を思い出しました。

お祭りの様子や花火の事、楽しく
読ませて頂きました。ありがとう~!

毎年ご主人の実家で花火を見ることが家族の行事の中に組み込まれているのですね。
素晴らしい!!!また寄せてください。
m(_ _)m
[2008/07/31 00:18] ねたの [ 編集 ]

ねたのさん、こんにちは

教えていただいて改めて去年のを見ました。
同じようなこと書いてますね。ははは。
こうして毎年を繰り返して年とっていくのでしょう。

これから大阪です。二泊。初めての研究会です。知らない人の前で2時間も話すので、少し気後れしています。荷造りが苦手なので、あと一時間ぐらいしかないのに、まだもたもたしています。

ねたのさんのブログ、癒されたくて、このごろよくおじゃましております。帰ってまたブログを見せていただくのを楽しみにしています。
暑いので、どうぞお気をつけくださいね。

[2008/07/31 10:10] ここ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://coco104.blog91.fc2.com/tb.php/317-9f1b3635