名ふだ 

こんにちは
今日から7月ですね。
外から帰ってくると、家の中がひんやりと感じられます。

明るくて、まぶしい真昼の道を運転して帰ってきました。
途中短いトンネルに入ったら、中が暗くてびっくりしました。
外へ出ると、また明るくってまぶしい真昼でした。

信号で止まってる時、何となく前の車のナンバープレートを見ていました。

ふ 30ー77

おや。
ひらがなのふ。
いつも見慣れた活字の明朝体でもゴシック体でもありません。
太くて、筆遣いもしっかりした丸い形の「ふ」です。

しっかり書いてあるなあ。
まるで手書き。

信号が青になって、「ふ」と書かれた銀色の車が、私の前を進んでいきます。

父の字で黒々と名前の書かれた名ふだをつけて登校していた小学生の時は、幸せだったかも知れません。
名ふだがいつも胸にいて、私に向かって小声で、堂々としていなさいってしょっちゅう言っていました。
忘れ物を取りに帰る真昼の道、名ふだも、その上にちょこんと着いた学級委員のバッジも、いやだったなあ。

大人の私の胸には、堂々としていなさいって小言めいて言う名ふだはもういません。

見慣れた家についてから見ると、私の車には、下手っぽい字で 「ら」 と書かれていました。



[2008/07/01 16:08] 日記 | TB(0) | CM(2)

名ふだ

ここさん、おばんですぅ~~!
名ふだですか・・・。小学校の校服があった私の名札・・・、思い出しましたぁ~~。
紺色の一昔前の事務服のような、すその広がった服に、紺のひだスカートでした。
袖口がすれて光ってた。^^;

自分の子供たちは校服はなく、私服に名札をつけていきました。だから新しく買った洋服を学校に着て行きたい時は、急ぎ名札を付けたものでした。
名札がないと先生に叱られるからと大変でした。冬服、長袖、半袖、ランニング、
一人何着もあり、3人いれば3倍でした。
学年が替わると、上から書き直して、字の色が違ったり・・・。^^
それが大変で、付け替え自由な安全ピンでつける名札を親達が希望したのですが、なかなか許されず、10年後、4人目の子から付け替え自由な名札になりました。
でもね、それも不審者に名前を呼ばれて連れ去られる事件があったりして、今では
名札なしでの登校があたり前になっているようです。時代が変われば変わるものですね。
名札にあった時代は、良い時代でしたよね。

お友達に冬子さんという方がいらっしたのですね。ここさんに、わたしの誕生日を聞かれていて、気になっていました。私は秋の始めに生まれた秋子です。神様が出雲にお出掛けになられた最初の日です。だから、秋が好きなのかもしれませんね。
すきな気は椿でしたが、ねむの木もぴったりかも・・・・と、思いました。^^;
私のことばかり、話しが過ぎました。
ごめんなさい。m(_ _)m
また寄せてください。(^_-)-☆
[2008/07/01 22:52] ねたの [ 編集 ]

ねたのさん、こんばんは~。
え~、名札を糸で縫いつけるなんて、子どもって着替えも回数多いから大変!いつもねたのさんのブログ拝見しては、ねたのさん、がんばりやさんだなあって思っています。私もこのごろ子どもが大きくなってきてからの母親のありかた、時々考えます。皆さんどんな工夫をなさっておられるのかなあって。
またどうぞいろいろお聞かせ下さいね。
[2008/07/02 00:03] ここ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://coco104.blog91.fc2.com/tb.php/309-cd0cbba2