家庭訪問 

こんばんは
野いばらが白い花をいっぱい咲かせています。
いつのまにかやって来て、庭の隅から、倉庫の屋根を越えて。

娘の学校から家庭訪問のお知らせが来ました。
先生が我が家に!

私も昔、家庭訪問をしていました。
高校の家庭訪問は、たいてい何か訳があります。

行ったことのない遠い町。
厚手の黒い表紙を紐綴じにした一クラス分の生徒指導票を手に持って。
日陰をたどりながら、ところどころにある店の看板を読みながら。
頼りにならない自宅地図。

母親の愛想笑いとか、隠れがちの本人とか。
言いにくい話を、さも何でも無さそうに切り出す私。
家族って、一人ずつ全然ちがってるのに、みんな同じ雰囲気。
望まない、望まれない訪問者。

家を訪ねることの不思議。
怒っている父親の、疲れた様子の母親の、ふてくされた子どもの、
声にならない声。

先生見て。これが私たちの家。






[2008/05/09 22:55] 教育 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://coco104.blog91.fc2.com/tb.php/287-e06acb9d