先帝祭 

おはようございます。
5月になりました。
5月生まれのせいでしょうか、1年で一番気持ちのいい月だと思っています。

先帝祭のニュースを小耳にいたしました。
先帝祭と聞いただけで、長く暮らしたあのちいさな町でのいろいろがよみがえってきます。
転勤族の子であった私にとって、故郷と言える場所はここくらいなものですけれど、
親戚がいるわけでも無し、もう何の関係もない遠い町になってしまいました。

思い出すことのほとんどが、ぼんやりとしています。
お友達が、あのお祭りで外八文字を描いて歩いたという話。
学歴よりも踊りの名取がお見合いの釣書になるという話を子供心に聞いたような気がいたします。
見かけも、人の気持ちも、古い古い町の思い出です。

あの先帝祭のお行列に、平安時代の装束を着た父が入って歩いたことがありました。
その時の写真が今も実家の書院の隅に立てかけてあります。




[2008/05/01 08:51] 思い出 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://coco104.blog91.fc2.com/tb.php/284-26fabdc9