ピクニック 

おはようございます。
今日は連休の谷間の「ふつうの日」。
現実ともなんともつかない不思議な感じがいたします。

昨日の休日には滝を見に行きました。
すぐに行ってすぐ帰れるくらいの小さなピクニックです。
義母と、もちろんキトリも一緒に出かけました。

夫が子どもの頃よく遠足したところだそうです。
流れに沿って続く、ゆるやかな小径。
名前のついた滝がところどころにあるのですが、気づかずに過ぎるほど。
時々細長い橋を渡ります。
裸足になって入りたくなるようなところがあちこちにあります。
新緑と、すみれやら一輪草やら、かわいい野草に包まれて、本当にいい気持ち。

その中をすすむ私たち家族…。

ちょっと用心深すぎる義母。
人にペースを合わせるということが未だに学習できていない夫。
野外活動における助け合いの重要性の認識がいまひとつの娘。
犬。
考えてみれば、まともなのは私だけです。

義母が、異常にゆっくり、そろりそろりと歩きます。
夫は、もうずいぶん先に行っています。
娘ははしゃいで夫と私たちの間を行ったり来たりしています。

ずいぶん向こうで、キトリがふりかえってこちらを見ています。
キトリは自分がこのへんな集団の隊長だと思っているので、下っ端にも気を配っているのです。
責任感十分、とってもいいこです。

そして、けなげな私。
ここは良い嫁の見せどころ、そろそろ歩きの義母にペースを合わせています。
その上重い荷物を持っています。

だって飲みものも食べものもないピクニックなんて、考えられません。
要らないだろうとか、すぐ帰るのにとかいろいろ言われつつ、強引に準備したのです。

コーヒー、紅茶、お煎茶、熱いお湯の入った水筒2本。
これが最重要ポイントでした。
美しい景色を見ながらおいしいお茶って考えただけでうっとりです。
娘用のジュース。
柏餅、甘いクッキー、おかき、べっこう飴などなどのお楽しみおやつ。
紙コップ。
そしてシート。
ティーバッグがない!という私の叫び声に危険を感じ取った夫が自主的にお遣いに行くなどして順調に準備完了。

初めは何ともなかった荷物が、だんだん重くなってきました。
小分けにしてみんなで持つようにすれば良かったなあ。
たったの1キロにもう1時間はかかっています。
少しも急ぐ気がない義母。

見てごらん。これ珍しいね、図鑑を持ってくれば良かった。

あーあ、できれば止まらないでほしいなあ。
見ると、岩に小さい白い花がはり付いたみたいに咲いています。
すぐ行ってすぐ帰る小さいピクニックのはずが、おかげで何だか大がかりな感じになりました。

やれやれ、やっと上に到着。
キトリの長いリードの先を枝につなぎました。
滝の下にシートを広げて、ようやくおやつです。

みんなにお茶を淹れて配ります。
ピクニックでおいしいお茶。
思った通り、うっとりです。

柏餅が五つ。
あれ、ひとつ余っちゃう。え、みんなもういいの?じゃあ、私食べちゃうねー。
お義母さん、今度はコーヒー淹れてあげましょうか。
ふふふ、おいしいぞー。

あ。
手が滑って、お気に入りのチノのスカートの上に、せっかくのコーヒーをみんなこぼしてしまいました。
あれよあれよと傾斜したシートの上をコーヒーが流れていきます。

すぐ水で洗いなさい!

穏やかなはずの義母の大きな声。
あ、そうだった。
慌ててすぐそばの瀬で洗おうとするけど、コーヒーがついたところがうまく洗えません。
もういいいや、誰もいないし。
半脱ぎになってごしごし。
夫は少し離れて大笑いしながら見ています。
もう。

キトリ、おいでー。

いいこのキトリを水辺に連れてってやると、入って泳ぎ始めました。
水が冷たかったのか、すぐにあがってブルブル。
みんなにいっぱい水がかかりました。
きゃー。
ははは、いい気味ー。みんな濡れちゃえー。

帰り道、歩きながらスカートが冷たくていけません。
お義母さんたら、行きよりずっと速く歩いてる。
最初っからそうしてよ、もう。

背中から陽が当たってるから、濡れた方、後ろにしといた方が乾くんじゃないの。

えーっ、お義母さんたら、そんな大胆な。
スカートを後ろ前にして、山道を歩きます。

やっぱりママがなんかやらかすよなあ。
ほんとよね。
そんなあ。

下に着いた頃には、スカートもすっかり乾いていました。




[2008/04/30 10:16] 日記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://coco104.blog91.fc2.com/tb.php/283-7033180f