飛び石 

おはようございます。
窓からは一面の雪景色
陽があたって、どこもかしこもきらきらです。

昨日、中学校の先生を休職して大学院に来ている友人とお昼をしました。
勉強が楽しいって、本当に楽しそうでした。

学部を卒業したときは、働かなくちゃいけなかった。
自立して、頑張ろうって思ったって。
時々、よく勉強なんかできますねって言われるけど、意味が分からない。
やっとなの。

私もね、今が一番楽しい。
前に戻ってやり直すなんて、考えられないよねー。
ははは。
ふふふ。

小さな心残りが、毎日いっぱい。
あの時、走ってたら間に合ったのにー。
あ、ついでに切手買うつもりだったのに忘れちゃった。
おはよって声をかけたらよかったかな。

分かってるんだけど、出来そうなんだけど、しなかったり、できなかったり。
でも、それがいつも、ちょっとだけ私の背中を押してくれています。
向こうに渡る、小さな飛び石。

小さかった娘に、毎日おかえりって言ってやりたかったな。
修士論文、もっとちゃんと書きたかった。
もっと優しくすればよかった。

庭の下萌の緑の中の、大小の飛び石。
わざと曲がってすすんでゆく小道。



[2008/02/13 09:22] お友達 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://coco104.blog91.fc2.com/tb.php/247-c040744e